2016年06月12日(日)

新しいリノベーション工事に入ります。

お待たせしていた○○様には昨日こんなご挨拶から始めました
おはようございます。
ようやく 前現場の大工工事が完了いたしました。
○○様宅の工事を担当するメインの大工さんは寺院なども手掛ける宮大工さんです。
棟梁は昨年より鎌倉のリノベーション、4月より茅ケ崎、寒川とリノベーションを手掛けて
まいりました経験豊かな大工さんです。
準備もありますが○月○日より養生からはじめ移動間仕切りの取り外しへと進めていきます。
工程表は実際の取り外し等見えなかった部分の概要確認でき次第、週工程を土曜日ごとに
現場状況確認してからご報告させて頂きたいと考えています。
長丁場になり様々な職人衆が出入りいたしますので程よい距離でよろしくお願いいたします。
工事中のお茶等のご厚意はご辞退させていただいております事申し添えます。
なお、近隣のご挨拶はそれまでに済ませておきます。
加賀妻
今回手掛けるリノベーション工事のクライアント様は中古の軽量鉄骨プレハブ住宅を入手し
窓には断熱インナーサッシを取り付け、屋内は全室の間仕切りを撤去し、新しい間取りに
壁を作り替え、すべての住宅設備を交換、床暖房設備を新設し、完成時までには、故郷の
ご両親から贈られた、ご本家の山の樹・けやき板を利用した、手造り家具、薪ストーブ設置等、
計画のすべてが、弊社の得意とする工事計画内容であり、ご期待に沿えるよう誠心誠意の
工事施工、心配りを怠ることなきようスタッフ一同気を引き締めてまいる所存で頑張ろう。
特注サイズの扉を作成中の大工さん
DSCN6184_640_640.jpg
2部屋お神楽(2階増築の事)・屋根裏納戸(H1400mm)

DSCN6181_640_640.jpg