2010年11月24日(水)

棟梁のプライド(思いやり)が伝わった

昨日、合い見積もりをお断りした方より嬉しいメールを頂きました。
加賀妻さま
丁寧な返信、ありがとうございます。
わかりました。
今回のリフォームを加賀妻工務店さんにお願いしたいです。
よろしくお願いします。
心を込めて早速返信をさせて頂いた。
○○様
おはようございます。
○○様のご期待に添えるよう貴重な時間を優先して使う事ができます。
①先ずご希望される事を全て、箇条書きで結構ですからお書き下さい。
②費用のことやこれは駄目であろうなどと、決めつけないで書いて下さい。
③リフォームに使える無理のない予算
④箇条書きに優先順位あれば番号を入れて下さい。
⑤イメージ写真等あれば手元にそろえ、付箋をつけておいて下さい。
⑥工事着工可能となる時期
⑦ご入居希望時期
⑧その他不安事項等
○その間加賀妻で行う事は、早速に平日昼間に●●市○○様邸を外部より目視にて観察
○軒裏板の劣化程度、屋根の傷み具合等(10年先を見据え)塗装で済むか?葺き替えか。
○公共下水の経路と申請、工事必要費用等調査を済ませておきます。
○これら項目は最優先に予算を振り向けたい事項ですので早めに把握しておきたいのです。
○双方の準備整い次第早々に打ち合わせに入りたいと思います。(00月に入ってから)
連絡は加賀妻の携帯(090-3330-1788 / nkagatuma-@docomo.ne.jp)
○(株)加賀妻工務店 (0467-87-1711 / boss@kagatuma.co.jp)( FAX 0467-87-1713)
以 上

2010年11月23日(火)

棟梁のプライド・信頼に応えられる知識と豊富な経験

全てのご依頼にはお答えしたいけど、割ける時間と能力に限界があり、合い見積もりをお考えのクライアント様に、このようなお断りのメールを送ってしまった。
本日は失礼致しました。
お預かりした図面により本日私が調査した劣化の結果を戻入し計算した限りでは
急いで耐震補強をする事はないとの計算結果が出てしまいました。
現況のまま耐震適合証明を発行しても何ら法に触れることはないように思います。
但し改修にあたり間仕切りや柱を取り払う時には安全を最優先に考慮しなければ
なりませんので再度新しい間取りで耐震診断計算をして補強箇所を定めなければ
なりません(間取りの変更がないリフォームでは耐震補強の必要はありません)
耐震適合証明や借り入れに必要な見積もり書の作成については、朱肉印を押した
公文書となり責任問題が発生しますので実際に施工する業者様の責任で発行する
こととなりますので熟慮の上早急に依頼されるのが良いと考えます。
なお弊社では特命工事のみお請けしていますので合い見積もりをお考えでしたら
他社様にてご依頼頂きますよう申し添えます。
以上
失礼だと思ったが全幅の信頼を頂いた方の信頼に応えるために、もてる時間を使いたいから信頼関係を築けないままの作業は控えたいのです。

2010年11月10日(水)

一年ぶりの烏帽子整形外科

一年前妻の怪我でお世話になった烏帽子整形外科へ手術後の経過診断に伺った。
レントゲン撮影の結果妻の足は完治していたが、レントゲン写真にはチタンの小さな、ねじボルトが5本不気味に光っていた。
CIMG0579_512.jpg
CIMG0581_512.jpg
CIMG0580_512.jpg

2010年11月10日(水)

茅ヶ崎の防災イベント

11月3日茅ヶ崎ふれあい祭り。7日は茅ヶ崎消防フェステバルと矢継ぎ早の市民祭。
私達建築士事務所協会メンバーも仲間に加えていただき充実した二日間を過ごした。
私の受け持ちは実物大の耐震補強金物取り付け模型と、耐震補強施工実例を縮尺10分の1、進行形耐震補強住宅を作成して展示する事である。
建築指導課、タイアップ90担当者の皆さんはタイアップの鯛にちなんで鯛焼き君を販売長い行列をこなしながら市民の皆さんへ地震の恐ろしさを説いて啓蒙運動に理解を求めた。
CIMG0531_512.jpg
CIMG0554_512.jpg
CIMG0539_512.jpg

2010年11月09日(火)

横浜みなとみらい21地区はAPEC厳戒態勢

20日東京ガスショールームで行うイベント準備のため出向いた桜木町駅界隈はAPEC厳戒態勢中であった、ホームから改札ランドマークと要所には多くの警察官が警備のため二人一組で巡回をしていた。
目にしただけでも、北海道、青森、岩手、熊本、埼玉の警察官が所属先県名を記した制服に身を固めた男女警察官が警備にあたっている姿が町中にあふれていたが緊迫した様子は感じられなかった。
警察官の数に比べ通行人の数は平常の日々よりは少なく感じたのでなぜか?好奇心が涌き上がりAPEC会場となるパシフィコ横浜国際ホールへ向かったが会場直近では警戒厳しくICチップ入りの通行証を持たない私はそこで入場を阻止されてしまったのである。
家に帰って日経新聞を開くとそこには海の中も戒厳態勢、APEC無人艇投入水中ソナーで濁った海底の調査を遠隔操作で行っている写真が掲載されていたが、この先に尖閣諸島沖事件の映像流出があるのかと日本の平和ボケを心配せずにはいられない心境となった。
何はともあれ何事も無くAPECに訪れる各国首脳が無事に帰国できるまで全国から応援にきている精鋭?警察官の責任感と危険予知能力の発揮にゆだね成功を祈る事にしよう。
それにしても平成の黒船TPP、自由貿易で日本の農業は生き残れるのか?
APEC開催議長国と言う事だけでリップサービスが過ぎて、日本の食糧自給率に陰りを落とす事なきように将来に向かった舵取りを願います。
20101109143823.jpg 20101109143955.jpg
20101110_91311204_512_512.jpg

2010年11月07日(日)

NHK スペシャル 借金862兆円はこうして膨らんだ

NHK午後9時からのスペシャルテレビを見た。
本年度末で日本の借金は862兆円に達する事が現実であると知った。
先進国の中では突出しらしくこのままではいずれ国家が破綻してしまうかも知れない。
その原因を今日は知ることができた、旧大蔵省歴代幹部、政党政治家達の自己本位の無責任、その反対に国家を憂い身を挺して借金国政をあらためようと戦い、無知な我々国民の反対で押しつぶされた健全財政国家再生への試み、前回の選挙戦で突然管総理大臣から発せられた消費税額アップも苦渋の選択で、誰もが解っている増税やむなし論を勇気を持って訴えてくれた事は評価に値すると私は思つたが、ぶれてしまったのははなはだ残念である。
このまま何もしないでいれば国の借金は大台を突破し破綻することは明らかであろう。
日本破綻のカウントダウンは始まってしまったのであるから、政治家も我々国民も今は協力して先ずは消費税額のアップ、増税を受け入れなければならない程逼迫している時なのだ、極論ではあるが、将来を担う子供達のため、個々の人生のため、富裕層の資産の5~20%を資産税なるものをもうけ徴収することで、短期間に日本の借金をゼロにするべきである。
弊社もわずかな資産ではあるが国家再生の為であれば資本金の10%を国家の赤字減らし税として支払う事をここに証明するものである。
日本の将来の展望が開ければ支払った資産税の何倍もの恩恵を受けるのも又彼ら資産家であるのだから政治家が政党間の枠を超えてこの問題だけは即刻実現させる協力体制に入ッて欲しい、国家の一大事に協力できない政党は当然国民の総意で何れは抹消されるのであるから,政治家は抹消されないよう日本の将来を見据え熟慮し行動に移して下さい、そして周囲の国々に馬鹿にされない力強い日本を今一度再生しましょう。