2009年07月31日(金)

家がつぶれる!シロアリ”が出た 

突然の電話、シロアリが出たので防蟻処理をお願いしたいの緊急飛び込みの依頼で万能サービスカーを出動させた。
現地よりの一報、私が一番信頼を置いている兄弟弟子の古屋大工さんからの携帯電話での報告!
大変だぞ、2階の胴差しまでシロアリが上っちまってる、俺の判断じゃ手に負えねーよーだった。
彼とは50年以上苦楽を共にした職人仲間である、職人としての腕前は私もかなわない素晴らしい技量の持ち主であるが口が足らない、そんなわけで少しだけ頭の回転が速く情にもろい私がいつの間にか棟梁、彼は私の前では万年職人としての上下関係ができあがってしまった。
私の目にかなった優秀な職人だから私以上の仕事は当然してくれるが、このような前代未聞の白蟻被害には判断の下しようが無い程のショックを受けたようだ!
通常の被害は地面から往復できる1m上ぐらいまでを住処に木材を食い荒らすが、雨漏り等で水分が供給される場所では地中へ水分の補給に戻らなくても済むので白蟻はながらにして上部へと食害を広げて来ます。
このような場合には通常の防蟻処理では解決できない、先ず水の補給路を断つ為雨漏りヶ所の探求そして修繕、やむなく地中に給水に訪れる道すがらを徹底的に消毒するのですが、現在では特効薬の・クロロピリホスが使えない(毒性が強いためシックハウス関連法)為、効き目の薄い薬液を念入りに表面に散布、木材の内部には注射をするように穴を開け薬液を注入、地面にも当然散布して薬殺します。
白蟻はこのような方法で退治できますが、2階の建物を残し通し柱や、1階の管柱、土台を取り除き入れ替える技術は長年の経験から彼ならば充分に対応できるがGOのサインは棟梁の仕事なのです。
地面からストロー状の蜘蛛の巣(地蜘蛛の巣)のような蟻道を造り集団で建物内に入り込むので知識のあるものであれば白蟻の進入口は即座に発見できるのであるが、大概はは手遅れになってからのSOSである。 
しかしご心配には及ばない、棟梁の知恵でどんな難問題も解決させることができるのである。

2009年07月31日(金)

CO2削減に取り組む、減築というこれからのエコリフオーム・

子供達が巣立ち家族の構成が変化したため、不要となった部屋(主として2階部分)を取り壊し維持費の少ないこじんまりとした平屋建て住宅に作り替えるリフオームが最近話題になってきました。
縁あって弊社でも減築工事を手がけるチャンスが訪れ今その準備が整い2ヶ月の工事期間で40歳の木造住宅を、身軽なスーパー建物に返信させる実験的工事です。
先ず経年劣化で衰えたコンクリート基礎の負担を軽減させるため2階部分を撤去して平屋となった建物に断熱効果を高めた屋根を形造り、塩害に強いガルバリュム鋼板にて屋根表面を完成させる。
次に内壁を残したままで窓を気密断熱効果に優れたサッシに交換、外壁を全て取り除き断熱材の敷設、耐震補強済ませ外壁の仕上げにはメンテナンス不要の塩ビ、ラップサイディングを張り完成とする。
軽くなった屋根には太陽エネルギーを利用した温水器を設置し新しく作り替えた浴室や炊事洗濯用に供給、大屋根に降り注ぐ雨水は樋を経て天水おけに貯水し植木他の散水に利用。
改修工事のコンセプトはやがて訪れる大震災に負けない耐震補強を施し、次に建物の無駄エネルギーを発散を防止させる断熱工事を済ませ、地球温暖化の敵CO2の削減を最終目的とする究極の、エコリフォームなのです。
そして気になるコストは押さえ、費用対効果を充分に考慮した施工には、第二の人生を全うするまでの数十年間を、最小のメンテナンスで済ませる工夫、職人の老獪な技術と責任を持って取り組む心意気なのです。
この究極エコリフォーム研究結果は新宿オゾンセミナー会場において9月27日に報告する予定です。

2009年07月29日(水)

自惚れ知事と無責任市長、不思議な政党マニフェスト

政治家の話題ではあるが政治の事ではない残念な思いを単刀直入、感ずるままに指を運んでみた。
南の国の知事さんの過去の行動は悪評だったが前歴を帳消しにしても余りある立派な働きをして最近までは尊敬に値する政治家になったと感心をしていたが、誘惑に負けたのか、自分を見失って身の程知らずの発言をして失笑を買ってしまった、無責任人で自惚れだったことは残念である。
最近テレビ等マスコミ関連によく出演している開港記念にわく都市の市長さんも又しかり無責任にも都合の良い理由を並べて重責を投げ出し、かって気ままに更なる欲望に食指をのばし、爪を研いでいる。
政権交代とはやし立てている何でも反対ペテン師党の党首は鳴り物入りで発表したマニフェストの評判が芳しく無いことで言い訳を始めた、本当のマニフェストは秘密、マスコミの顔色を見ながら出す修正マニフェストが本物、オブラートで包んだポリシーのないマニフェストが次なる政党をになう候補党の作文であり、もしも予想通りに的中したら日本国は如何なる荒海を航海するのか?
最近頻繁に発生する竜巻はその前兆なのかも知れません。
周囲が馬脚を現すと、この場に及んで一人頑張り災害地を見舞っている麻生総理が、けなげでたくましい気骨のある政治家に見えてきたのは果たして私だけであろうか?

2009年07月28日(火)

税金を納められる会社を作ろう

私にとっては夢のような、世間にとっては当たり前の会社設立理念、動機は ”税金を納められる会社を作ろう”であった。
家を造ること以外はなんの知識も持たない大工職の私が、自分の会社設立以来現在に至るまでの長い社歴の中で一度なりとも税金を納められなかった(赤字決算)年度はありません。
国民(会社)の義務である納税、そんな当たり前の事を理念に持ったことが現在の(株)加賀妻工務店の基礎を成したのだと思っています。
幸いにも会社とは名ばかりの極小有限会社を難破させずにここまで来れたのは、TKCという経理、経営を指導を司る組織との出会いがあったからだと信じ、担当の皆様にはいつも感謝をしています。、
TKCとは最近テレビで放映されている・”黒字会社を作る”をアピールしているあのTKCの事です。
偶然なのか?私の掲げた経営理念・税金を納められる会社を作ろうは、TKCの指導理念黒字会社作ると相通じていることを悟り、弊社が創業以来税金の納められる黒字経営で来れた事を納得したのである。
(株)加賀妻工務店を信頼して頂いた皆様のためにも安定した経営を心がけ、住まいの主治医がつとまるよう、会社を長生きさせる事が天命であると重い責任を感じています。

2009年07月27日(月)

棟梁は69歳11ヶ月のテニスプレーヤー

テニスは青年会議所在籍時代に同会員であった湘南ローンテニスクラブのオーナーに進められ40の手習のごとく遅咲きではじめ30年のキャリアである。
私の影響で娘と孫が同じようにテニスを楽しんでいます、娘も孫も幼い頃は私の指導で楽しめたが現在では私のスタミナ、足腰、膝が長年のテニスやスキーの無理がたたりガタガタと衰え始めている。
特に最近は反応が鈍くなったのか打点があわずフレームショットや狙ったコースにはボールが向かわない。
一年前までは球筋の早い湘南インドアのカーペットコートでも充分ボールに反応し対応できたがこのところの落差は大きい。
一日も早く年齢にあったプレーをマスターし無理のないテニス人生を送りたいと願って初心に返り、今度は70歳の手習いと、初心者の通うテニススクールに入り汗を流す事にした。
自慢の孫は中学生になり、あちらこちらの試合に親子で転戦優勝を重ねているプロの卵?

2009年07月27日(月)

若い者達に一度は富士登山を体験させたいが!

会長です
いつも眺めている富士山話の種に一度登山の体験をしておくことは無駄では無いですよ。
よほど運と体調と天候が良くないと日帰り頂上制覇は難しいですがせめて8合目ぐらいまでの登山体験をしておく事は生涯においての良い思い出になります。
富士登山は混雑が予想されますので土日祭日を避ける事にします。
準備が間に合えば3日(月)遅くも10日(月)を考えています。
早朝の5時登頂開始・13時過ぎ頂上・5時帰還(前日は睡眠を)順調にいければ登りに7.5時間下りに3.5時間程度が必要です。
単純には・標高差1800m ・距離15キロを登り又下る事です。
費用は・トイレ使用に1回100円・ペットボトルが500円,
夏であっても天候次第では、頂上付近は0度近くに下がる事も。
これは強制のない、あくまでも任意の自由参加です。
希望者が一人でもいれば服装や携帯品等の説明会を行います。

2009年07月26日(日)

09年度エコリフォームコンソーシアム事業認定

東京都庁隣接の新宿オゾンに事務局を構える我々の会がめでたく、09年度エコリフォームコンソーシアム事業認定を受けた。
目的は断熱リフォーム、省エネリフォーム、様々な工夫を重ねCO2をより多く削減するリフォームを手がけ、その成果を報告し助成金を受け次なるステップへ上る事業であり、その手始めにマニアル造りのため加賀妻の行う耐震改修と断熱改修をあわせて行いその成果をマニアル化することになりました。
今回実験的に改修する具体的な手法、対象建物は子育てを終えた2階建て建物であり、2階建て住宅を一部解体縮小、平屋建て住宅に減築した後、耐震補強と断熱工事を施しCO2の削減率を計ることである。
工事は9月末日完成を目標に行いその結果は新宿オゾンにて講演の形で報告されます。

2009年07月24日(金)

私はプロの建築Gメンである

欠陥住宅を正す建築Gメンの会というNPO法人がある、Gメンと名乗れるのは専門的な知識が問われ筆記試験合格後、2次試験はそれぞれ分野の違う大学教授による口頭諮問に合格せねばならない。
幸い私は・伝統工法木造住宅・軽量鉄骨プレハブの積水ハウス・ツーバイフォーの三井ホーム等施工代理店としての施工経験があるためオールラウンドの知識を生かしGメンとして自信を持って調査鑑定並びに相談業務をこなしている。
昨日相談に訪れた方は・旭化成のヘーベルハウスの外壁面の雨漏り、今日は2×4住宅の基礎と土台、アンカーボルトに関連した部分に不安を感じた人注文住宅のアンカーボルトが土台の際になってしまった為施工者に信用をもてなくなったと言うものであった。
いずれの相談者にも円満解決の秘策を授け毎度の事ではあるが感謝されたのである。

2009年07月23日(木)

手遅れにならねば良いが

今日は朝から茅ヶ崎市役所にて耐震相談を承った、相談者は4人のみ、感心の薄さを心配している。
今朝の日本経済新聞に神奈川の災害被害予測が出ていた、断層の走る三浦では死者が4000人を超えるとかかれていた、海岸が続く湘南の被害は如何なる被害か?
被災地調査に行くたびに繰り返し聞く言葉は、まさか私のところに地震が来るなんてである!
我が町にもいずれ訪れる大震災、既にカウントダウンは始まっている、手遅れにならねば良いが。

2009年07月22日(水)

明日は耐震診断、改修工事相談日

我々の建所属する、建築士事務所協会の有志は市役所と共催をして毎月市役所のロビーや各地の公民館等を順を追って廻りながら耐震相談や各種住宅相談を行っています。
私も午前10時~16時までは市役所ロビーにて相談を受けていますので気がつきましたらお声をかけて下さい。
皆さんのど元過ぎれば何とやらではないですが、相談日直前に地震が起きたときは行列ができる相談会になるが平穏な日々が続くと相談に訪れる人もまばらです。
相談は無料その上補助金が支給される制度ですから是非お越し下さい。
既に大震災はカウントダウンに入っているのだから被害を受けて泣きを見る前に耐震診断相談会に来て下さい。
大震災、明日は何処の街に?