facebook

シロアリ防除革命!
「セントリコン・システム」

薬をまかずに巣ごとまるごと白アリ退治 薬液を大量に散布する今までの防除方法に“健康面への影響”の不安とお悩みをお持ちの方に朗報です! 近年の温暖化と暖房設備が整ってきたことに影響し、シロアリの被害が非常に多く聞かれることになってしまいました。ここ数年シロアリの活動時期に何本もお問い合せが来るようになりました。(当社の施工した家ではありません)。

平成21年10月1日から「住宅瑕疵担保履行法」が国土交通省より施行されました。この法律は「住宅を供給した施工業者は10年間その住宅に瑕疵が有った場合に責務を負う」という法律です。しかし公には詠われていない内容ですが、10年以内に土台や柱や梁がシロアリの被害に遭った場合は保険の対象外になってしまいます。シロアリは私達の通常の目視だけのメンテナンスでは防げません。

シロアリはどこにでも住んでいます。またいつでもやってきます。安心は出来ません。シロアリは住宅に使われている木材・畳・断熱材、何でも食べます。食害の部位で「土台・柱・梁」など耐震性の低下を引き起こす事例もあります。

当然シロアリへの対策もしておかなければなりません。安易なシロアリ防除法の為の薬剤散布はしておりません。

一般的なシロアリ防除法のために使用される防除剤は、土壌や木材にしみ込ませた後、数年間、効力が持続することが要求されます。結果として、農薬を数百倍の濃度で床下などに大量に散布することになります。

さらにシロアリが発生している場合、駆除のために、柱に穴を開けたり、壁を剥いだりして建物中に薬剤を行き渡らせます。その後、それを修繕する必要があり、多額の費用がかかってしまいます。

当社は【セントリコン・システム】認定登録店となりました。セントリコン・システムは建物の外周3mごとに餌木の入ったステ-ションを埋設し、そこでシロアリの活動が発見された時のみ対策する工法です。

殺虫剤の散布をせず安心・安全なシロアリ防除法です。通常1平方メ-トル当たり約3リットルの薬剤をまく対策方法に比べ、餌木に含ませた0.2グラムのベイト材で対応できることから、高い安全性と住む人にも作業する人にも優しく健康面・環境面に優れています。

すでに4万棟の実績があり、浅草寺や世界文化遺産の比叡山延暦寺、自由の女神、ホワイトハウス、パリのシャンゼリゼ通りなどの保護にも活用されています。ダウ・ケミカル・カンパニー社の許可を取得した専門施工会社がシロアリ生息の検知および防除まで総合的に行うものです。

米国では2000年に人と環境に配慮した工法として米国環境栄誉賞を受賞しています。2008年度には、国交省から正式に認定されたことにより、住宅金融支援機構の「フラット35」による地盤の防蟻処理技術基準を満たし、住宅を新築する施主が「セントリコン・システム」を採用して「フラット35」を申請することが可能になっています。


セントリコン・システムの特長

・シロアリの習性を利用し、巣ごと退治します。
・大量の薬剤を散布、塗布しません。
・巣の根絶後も定期点検を続け、再侵入を防ぎます。
・ご家族やペット、周辺環境にも安全です。
・施工時に気になる臭いは全くありません。
・施工時に大切な住まいを傷つけません。

■方法・管理システム:家屋を長期間にわたりシロアリの被害から守る。
■薬剤使用量:必要な時、必要な場所にのみ薬剤を使用。
■臭い:無臭
■居住性:臭気に過敏な人やアレルギ-体質の方、犬・猫・鯉等のペット にも影響はない。
■水系:井戸、河川近く等の場所でも使用可能。
■建物:薬剤注入はしないので柱などに傷をつけない。
■樹木や植物:薬害等はない。
■対象物:シロアリのコロニ-を根絶し、シロアリ被害の根絶を絶つ。
■使用薬剤:ノバフルムロン
■作用のしくみ:本薬剤は昆虫成長制御物質(IGR)の一つで、昆虫特有の脱皮を阻害


Q&A

Q1. 巣そのものを根絶させるということですがどのくらいの月日がかかるのですか?
A. 早くて2~3ヶ月、状況によっては半年近くかかることがあります。といいますのはシロアリの活動は季節によって違うからです。
シロアリの活動が活発なのは春先から夏にかけてです。ベイト剤の投与が4月から6月頃にあたる時には比較的早く、2~3ヶ月で巣を消滅させることが出来ます。しかし、秋になるとシロアリの活動が緩慢 になり、とくに冬の寒い時期にはほとんど活動しませんので巣の根絶には半年以上かかることが考えられます。 ポイント 根絶までの期間/春~秋で2~3ヶ月 秋~冬で半年前後

Q2. セントリコン・システムを使うと何年間効果があるのですか?年間効果が持続すると聞いていますが?
A. このシステムは今までの薬剤散布による施工とは違うのです。これまでの施工では一度薬剤を散布すれば、その薬剤自体の効果が約5年間続くというかたちでした。セントリコン・システムは、それとは基本的に考えかたが違うわけです。それを私達は「管理」と呼んでいます。つまり、お客様のご要望がある限り管理を続けてシロアリの被害から家屋を永続的に守るということなのです。具体的には専門家として認定された私達テクニカルマスタ-が定期的にお伺いして調査・点検を行います。それを続けるかぎり5年はもちろん10年でも20年でも家屋をシロアリから守ることができるシステムということになるのです。

Q3. 初めからステ-ションの中にベイト剤を入れておいてはいけないのですか?
A. 効率と安全を考えてのことです。埋め込まれたステ-ションすべてにシロアリが来るというわけではありませんので、まずシロアリが好む木材を使ったデバイスをセットしておいてシロアリにステ-ションを発見させやすくします。そしてシロアリが来たところでタイミング良くベイトカップを入れるのが効果的なのです。ただでさえ微量な薬剤をさらに必要なところにだけ使いますので、環境に対して可能な限りの安全性を達成出来るのです。

Q4. 一度シロアリの巣を駆除したらもうシロアリはいなくなるんですよね。そうすると次からの契約はなくなるんですか?
A. それはお客様次第ということになります。しかし一旦巣を駆除したとしても別の巣からまたシロアリが新たに侵入してくる可能性は十分あります。ですから永続的にシロアリの被害から家屋を守っていきたいとお考えでしたらこのシステムでの管理を継続されることをお勧めいたします。

pagetop