2015年06月22日(月)

地引網大会ご参加有難うございました!

6月21日(日) 加賀妻工務店 第11回お客様感謝祭 地引網大会を 無事に開催することができました。
前日に決行の決断をしたときは、どうなることか… と不安もありましたが
会の途中で短い時間の雨はありましたが、混乱もなく終えられて良かったと思います。
「昨日、こどもがてるてる坊主を作りましたから!」
「わたし、強力な晴れ女ですから!」
力強いお言葉に、感謝です。
ご参加いただきました 約500名のお客様には
ごみの持ち帰り、マイカップ・はしのご用意、車の乗り合いや自転車のご利用など…
ご協力をいただきまして本当に有難うございました。
150621_111009_512.jpg
2.jpg
4.jpg
裏側でバタバタしていましたが
お客さまの方から、たくさん声をかけていただきまして
懐かしい再会と、こどもたちの成長にびっくりの連続、とっても楽しい時間でした。
今年はご参加いただけなかったお客さまも、来年はきっとご参加くださいね。
そして 来年こそは大漁になりますように!!

2015年05月15日(金)

今年の「地引網大会」は6月21日です!

加賀妻OBのみなさま、
今年の地引網大会は 6月ですよ!
ご案内状が届いてびっくりして、このブログを見ている方がいるかもしれません。。
一昨年の台風後の強風による中止
ここ数年のお魚、しらすの不漁 。。などを省みて今年は6月にしてみました。
今年こその大漁、美味しいしらすのお土産を期待しましょう!
お申込みは、ご案内状にあるとおり(メール、ファックス、TEL)で受付中です
たくさんのご参加をお待ちしています。
jibiki_640.jpg

2015年02月03日(火)

OBの住まいと暮らし見学会 ~OMソーラーの家

今週末 7日(土)に、秦野・I 邸・OBの家見学会を行います。
I 様には今回はじめてOB見学会をお願いしまして、
OMソーラーに興味のある方、体感してみたい方にはぜひおススメです!
OMソーラーのしくみがよく理解できるセミナーもあります。
1234.jpg2345.jpg
3456.jpg4567.jpg
お申込みはお早めにお願いいたします。
OMソーラーの家は、あったかいんだから。
(高橋眞理)

2015年01月15日(木)

OBの住まいと暮らし見学会 ~薪ストーブの家

本年もよろしくお願いいたします。
次週24日(土)に、毎冬恒例となりました、大磯F邸・OBの家見学会を行います。
残念ながら昨年は大雪のため、中止となってしまい、2年ぶりの開催です。
薪ストーブのゆらめく焔と暖かさは、こころを落ち着け、引き付けられる不思議な魅力
があります。
Fさんの楽しいお話しや暮らしのコツも、毎回大好評です。
体感してみたい方、お気軽にご参加ください。
DSC_0031%281%29.JPGDSC_0023%282%29.JPG
7.JPG11.JPG
お申込みはお早めにお願いいたします。
(高橋眞理)

2014年11月29日(土)

14歳のハローワーク

今年も、茅ヶ崎市立中学校2校の生徒さんが、課外授業の「職場体験学習」にやってきました。
工具を使った木工作業に夢中のみなさん。
P1060851_512.jpg
P1060852_512.jpg
P1060855_512.jpg
このあと、改築中の会社内の現場で、大工さんのお仕事見学、
お掃除などのお手伝いを体験。
「いろいろな職場の中で、どうして工務店を選んだの?」 
  「ものをつくるのが好きだからです!」 
  「僕のおじさんが、建築士だし、おとうさんも機械設計していて興味があったからです。」
  「絵は得意じゃないけど、図工が好き。 ものをつくるのが好きです。」
お家の中に工具もあって、身近に工作する環境がある生徒さんが多いようです。
この一日が、みなさんが 「好きなこと」 「やってみたいこと」 「しごとにしたいこと」 を見つけていく
経験のひとつになったらよいですね。
P1060867_512.jpg
「ふじさわびと」 新年号の取材を受けている 石田大工さん(親方)・小林大工さん(弟子)
P1060914_512.jpg
小林拓さんは28歳
大工さんのしごとを見て、小さい頃から大工さんに憧れていました。
ものつくり大学を経て、加賀妻工務店での修行もいよいよ卒業真近です。
「一人前の大工さんになりたい、というぶれない目標があったし
何よりこのしごとが好きだから」
10年以上の道のりは、決してつらいことではなかったと言います。
P1060912_512.jpg
親方の石田昌宏さんも、また加賀妻工務店で別の親方(近藤大工)のもとで修行を終え
一人前の大工さんになりました。
P1060913_512.jpg
日本の木造技術を継承する、宝の職人さんたち。
しっかりと現場での修行を重ね、確かな腕を持つ大工さんが本当に減り続けています。
加賀妻工務店は、志を持つ若い大工さんを受け入れていく場であり続けたいと願っています。
P1060916_512.jpg
夢をかなえるってスゴいなあ。
(高橋眞理)

2014年11月10日(月)

オダギリミホさん 絵日記展

仕事のあとで、茅ヶ崎市中海岸「カロカロハウス」で開催中の
イラストレーター オダギリミホさんの絵日記展に伺いました。
現在3歳の長女がおなかにいるとき6ヶ月 から3歳になるまでの
1200枚(日)!の絵日記の展覧会です。
11日(火)まで開催しています。
1-001.JPG
このうち600日分抜粋収録した2冊組の本もあります。
11-001.jpg
12-001.jpg
13-001.JPG
1200枚…
3-001.JPG
4-001.jpg
5-001.jpg
6-001.jpg
7-001.JPG
ある日天使がやってきてからの、家族の一日一日を
かわいい水彩イラストと、ちょっとドキっとする短文で綴っています。
子どもとの日常を通して、ミホさんの感性がどんどん広がって
「お母ちゃん」として一緒に成長していく様子が、本当に楽しく描かれています。
そして、子どもって かわいい! 愛しい! 素晴らしい!が溢れていますね。
8-001.jpg
9-001.jpg
10-001.jpg
オダギリミホさんは、茅ヶ崎市出身・大磯在住。
湘南学園中等部の同窓生で、私たちにとってはずっと「みょんちゃん」。
クレバーで優しい感性がつくり出す素晴らしい作品に
目をとめていただければ嬉しいです。
P1060864-001.JPG
絵日記展は、葉山・原宿と順次開催予定です。
(高橋眞理)

2014年10月16日(木)

富士山 初冠雪?でしょう。

会社の窓から富士山が望めます。
今朝の富士山です。
5合目?6合目?付近から真っ白でした。
003.jpg
昨日までは、グレーのシルエット。
一気に冬が近づいた景色に変化しました。
これからも、富士山を眺め、海を楽しむ湘南らしいお住まいを作っていきます。
一瞬、白く光る富士山に感激したのですが、
同時に御嶽山が気がかりになりました。(営業:山田)

2014年09月29日(月)

お引渡し ~回遊する暮らし・端整な住まい

9月27日(土) 藤沢・M邸のお引渡しをさせていただきました。
施主検査の日を事前に設け、ひととおり見ていただいていますので
当日は、カギ・書類のお渡しと、使用方法などのご説明で終了です。
玄関ドアの電気錠のご説明 (サッシ業者・ワイジーオーさん)
P1060789-001.JPG
システムキッチン機器類のご説明 (設備・アベルコさん)
P1060792-001.JPG
給湯器・ガスのご説明 (東京ガスさん)
P1060797-001.JPG
岩本監督からも…
網戸や、
P1060795-001.JPG
給気口のお手入れ、
P1060794-001.JPG
そして、これからの永いお付き合いについて(保証やメンテナンスを含めて)
「家守シート」をお渡ししながらご説明。
6ヶ月、1年、3年、5年、10年、13年、15年、20年… そしてそれから先も。
P1060799-001.JPG
住まう人のため、職人さんのていねいなお仕事の数々。
固い素材を、触れるところは柔らかく、なめらかに。
P1060796-001.JPG
目に映るところ、触れるところ、全てが愛おしく、心を動かされる家が
またひとつお施主様の元へ引き継がれました。
きっと大切に暮らしていただけますね。
(高橋眞理)

2014年09月17日(水)

9/15 東京新聞「住まい インテリア 彩り」に掲載されました

2014年9月15日(祝) 東京新聞に取材記事が掲載されました。
「職人の仕事」
TokyoNP_640.jpg
(上記ページより抜粋↓)
TOKYO%E3%80%80NP%EF%BC%92_512.jpg
(写真は逗子・K邸です。)
(以下、記事より一部抜粋しました。)
「最も感心するのは、左官壁と木材など、違う素材が組み合わさる部分だ。
異なる技術を持つ職人が、自分の腕を磨き続けるだけでなく、お互いの仕事を理解し、
尊重していなければ、こううまくはいかない、という納め方になっている。
 こうして丁寧に仕上げられた住まいでは、住人も大切に、愛情を持って暮らしを営むのだろう。
品格のある仕事が、おのずと住人に丁寧な振る舞いを教えてくれるのだ。
 
 美しい空間は、素材の量やバランスがちょうど良く、仕上がりにも隙がないという共通点が
ある。 室内空間では特に、大工、建具屋、左官の仕事にこうした美しい納め方を見ることが
ある。 そうそう出合えるものでもないが、そのたびにたたずみ、感じ入ってしまう魅力がある。」

2014年08月31日(日)

二世帯の家

先週の日曜日、24日(日)午前8時~と、午後1時半~で地鎮祭がありました。
こちらの写真は、午後のI 邸・北鎌倉、二世帯の家です。
お盆明け、しかも夏休み中最後の大安・日曜日ということで
猿田彦神社さんでは、20件以上お断りになったそうです。
良い日取りは、早めに押えなければいけません!
弟さんご家族、通りがかった仲良しのご近所さんも参加で、
にぎやかなお式となりました。
P1060709_512.jpg
I 様の道をはさんだ隣家のT邸は、2年前に竣工した加賀妻OBのお住まいです。
当日も、「おめでとうございます! 地鎮祭、懐かしいわ~」と声を掛けてくださいました。
当時は、建替えの予定がなかったI 様でしたが、T邸が建ちあがっていく間の
弊社大工のていねいな仕事、しっかりした構造を見続けていただいて
今回の建替えにあたり、ご依頼していただくこととなりました。
このような形でお仕事がつながり、ご縁がつながっていくことは
地元工務店として本当に嬉しく、光栄なことです。
ちなみに、9月竣工を目指して建築中のY邸もすぐ近く(徒歩2分)なのです。
P1060561_512.jpg
解体する前に取り外したI 邸旧宅の柱。
新しい家で再生して、成長記録は続いてゆきます。。
P1060710_512.jpg
地鎮祭の後、夕方から横浜市港南区・H邸の現場お打合せ。
こちらも二世帯の家、年末の竣工が楽しみですね。
三世代が集う、二世帯の家。
それぞれの生活ベースを大切にしながら、程よく触れ合える距離感。
子どもの笑い声があふれる、一家団らんという言葉が似合う
お家づくりのお手伝いができて、私も幸せな気持ちになります。
(高橋眞理)