2017年01月24日(火)

夢の家づくりのヒント

家を建てたいと思った時、 どこに頼めばいいのか?
夢のマイホームが予算内で実現できるのか? 人生で最も高い買い物を
するわけですから、夢も大きく、不安も大きくなるのは当然です。
最近では、工事途中の建築会社の突然の倒産の心配もあります。

先日、会社に話を聞きに来られたお客様から、
 工務店に家づくりを頼みたいけど工務店とは、どういうものなのか?
わからなくなった と 話しておられました。

日本では、古来から大工職人である大工(棟梁)が、設計から左官など
の、住宅建築に関する全てを取り仕切ってきました。この大工の棟梁が
発展した形が工務店であると言えます。
加賀妻工務店も創業者の現会長もかつては大工の棟梁です。
私の知り合いの工務店の仲間たちも、祖父や親父が大工棟梁だったので、
後を継いできたという工務店がほとんどです。
多くは創業者の大工棟梁の名前をつけ、その地域で50年、100年
の歴史を刻んできました。
(加賀妻も創業50年)
血統なのでしょうか?兎にも角にも、真面目で誠実な人が多いと思います。

私の偏見なのか、歳なのか?(笑)ヨコモジには違和感を感じ、工務店
ではないと思ってしまいます

多種多様な個性を持つ家づくり業界……
 技術や理念や思想などをしっかり
  見極めて是非!運命の工務店に出会って頂きたいです。

                      妹尾喜浩

2016年11月27日(日)

人の振り見て、我が振り直せ

最近、車の調子が悪く点検をしてもらったところ、
オイルが燃焼しているとのことでした。
エンジンを載せ替えるか、新車にするか?もしくは3000キロ目安に
オイルを補充するかの選択。
結局オイル交換をこまめにすることを選択しました。
2か月に一度のペースでトヨタの販売店へいつも突然お願いを
しております。
車がお店の前に着くと同時に、店員さんが いらっしゃいませ と 
とんできてくれます。雨の日では傘をさっとさしだしてくれます。
何回も通っているので、様子をみていると、どうやら一番初めに
気が付いた人が、手を止めすぐさまお迎えするようです。
見ているだけで本当に気持ち良くなります。
トヨタのプリウスの販売店は全国各地に沢山あります。その中で
お客様がどこの販売店で購入するかは自由です。
しかし、お客様に当店を選んでいただける販売店を目指すしかありません。
と、担当の営業さんは話してくれました。
トヨタのお客さまを思うマナーが徹底しているのは流石です。
子供のころ、父親に 
人の振り見て我が振り直せ と躾られた記憶があります。
われわれ工務店も数ある工務店の中から選んでもらえるように、
また、お客様に、大満足していただける様な工務店を
日々めざしております。
妹尾喜浩

2016年10月22日(土)

森林面積、日本一の高知県へ

森林面積、日本一の高知県、県土の84%を林野が占める全国屈指の森林県です。
山~原木~製材まで管理された、桧の柱、杉の柱、梁を視察して来ました。
日本最後の清流と言われる、四万十川その名をブランド化しての四万十桧、美しい柱に出会って来ました。
組合員様の取り組み、高知県のバックアップ体制、熱い話もしっかりと聞いて来ました。
四万十桧の家造りを是非実現したい思いで戻って来ました。
来春には、実現させて、是非構造見学会で多くのお客様に見て頂ければと思案を始めました。
DSCN0640_400.jpg
DSCN0647_400.jpg
妹尾

2016年10月17日(月)

NIGHT WAVE

今回は、ちょっと仕事を離れて・・・
先週末、逗子海岸「Night Wave」を楽しんできました。
特殊な?LEDランプで波打ち際を照らすイベントです。
(ただのUVランプだと思うんですが??)
人工的な夜光虫演出ですね。
600image2.jpg
若いカップルは弾けてましたが、
オジサンは、ただただビールを飲むだけでした。
湘南でも、たまに本物の夜光虫の光にウットリさせられる事もあるんですよ。
(昼間、見ると”ただの赤潮”ですが・・・・)
こんな自然にあふれた環境で、人生を楽しんでいけるような「家づくり」のお手伝い。
ずっと続けていきます。(山田)
——————————————
Facebook始めました!
https://www.facebook.com/kagatsuma/
そちらもご覧ください!

——————————————
10/23(日)茅ヶ崎市東海岸S邸にて構造見学会を開催いたします。
お気軽にご参加ください。
http://www.kagatuma.co.jp/makeup/2016/10/1023s_1.html
10/30(日)茅ヶ崎市赤松町G邸・構造見学会が続きます。
それぞれ施工段階が違いますので、色々とご説明させていただけると思います。
お気軽にご参加ください。

2016年09月20日(火)

家の大きさ・・整理整頓~

事務所の建替に伴い、事務所内の片付けから・・・次から次に出て来る、雑誌、書類、備品、ほとんど必要の無い物ばかりに見える。いかに普段から整理整頓をするという事が出来ていないか・・・!溜めるだけ溜めている・・・仕分けが出来ていない。
この機会に必要の無い物は捨てて下さい。こんな物は必要ないでしょ、何故捨てないのと聞けば、『言い訳ばかり』。結果、普段の掃除に毛のはえた程度。荷物を移動したにすぎない。
私の片付けは30分で終了、必要な物は、椅子に座っていても、すべて手に取れる範囲の物だけにしている。それでも十分に仕事はできる。まったく困らず、効率も良い。
綺麗好き、物は買わない、溜め込まない、捨てる。それが習慣となっている。
勤め始めた時、帰り際に上司から最初に注意された。
『妹尾君、帰るときは、机の上には物を残さない、
文房具も引き出しに戻しなさい、整理整頓が出来なきゃ駄目だよ』
優しく注意された。
親からは、『脱いだ靴はキチンと整えなさい、磨きなさい』
『食べた物のお皿は台所までさげなさい』
『自分の部屋は自分で掃除をしなさい』
とも良く言われた。
『机の上、車の中、作業場、工事中の現場、口うるさく綺麗にしようよ』文句ばかり言っている。出来ない人はいつまでたっても出来ない・・・? 難しい事ではないのに、何故なのか? 不思議でならない? 汚くて嫌じゃないのかな?
検索をしてみた・・・ 
片付けや掃除というのはただ「捨てる物や残す物を考える」というのではなく、「整理整頓する」という能力が必要らしい。その能力が乏しい人は、「頭と心の整理ができない」からだそうだ。
整理整頓
まずは、言い訳から捨てよう
無駄な物が多い人は、「どうして捨てないの?」と聞かれた後の言い訳も多いです。
その言い訳が無駄な物を増やし、整理整頓ができない原因になっています。
物を捨てる習慣を作るには、捨てない言い訳から捨てる必要があるのです。
「あげる」をやめよう
物を捨てられない人が、捨てる代わりにする行動があります。それは「あげる」です。
「捨てるのはもったいないから、誰かにあげよう」と考えます。結局何も変わっていません。「捨てるのはもったいない」という考え方を捨てない限り、「捨てる」という思考は作られないのです。
一番のもったいない
物を大切にするために最も大切なのは、無駄の物を買わないことです。無駄な物を買って、使わずに保管しているのは、一番物を粗末にしています。使われず、捨てられずにいるほど、もったいないことはありません。
物を大切にする。
使うべき時に使い、捨てるべき時に捨てる。それが物を大切にするということです。
いつまでも捨てずに置いていることが、物を大切にしているわけではないのです。
捨てるコツ
物を捨てられる人は、使うか、使わないかで判断します。物を捨てられない人は、
使えるか、使えないかで判断します。判断基準の違いが、捨てる人と捨てられない人を分けるのです。
物を捨てないと失敗に気づかない
無駄な物を捨てて始めて「ああ、この買い物は失敗だったな」と気づき、金銭的な損失の痛みも覚えます。そうなってはじめて、買い物の仕方を改善します。捨てなければ、痛みを覚えないため、改善しません。失敗を認めない人は失敗し続け、失敗を認める人は失敗を活かせるのです。
物を減らすコツ
物を減らすコツは、箱を小さくすることです。
家庭であれば住まいを小さくする。倉庫を小さくする。物理的に物が置けないように制限すれば、無駄な物を買わなくなり、家賃も浮きます。整理整頓力をつける一番良い方法です。
迷ったら捨てよう
掃除をしていると「ああ~~これ、どうしようかな(捨てようかな、とっておこうかな)と考える物が出てきます。このときは、「捨てよう」と判断する人は、物を捨てられる人です。「念のためにとっておこう」と判断する人は、物を捨てられない人です。
頭の中で何と言っているかで、捨てられる人かそうでないかが解るのです。
安物買いはゴミを増やす
価格の安い物は、ゴミになりやすいです。あまり考えず、気分で買ってしまうからです。
また、安い物はたくさん買い込んでしまうため、ゴミも多くなります。物が増えると、
置くスペース分家賃がかかり、掃除の手間と時間も増えます。安物買いは、お金と手間と時間を一番無駄遣いしているのです。
片付け本は、読んだら捨てる
片付けのできない人は、なぜか、片付け本を捨てずに取っています。片付け本を読んでも片付けられず、片付け本まで片付けない、まったく奇怪な現象です。本が可哀想です。
片付け本は、捨てられてはじめて、その使命をまっとうするのです。
デパートの紙袋をとっておかない
物を捨てられない人は、家に3袋以上買い物袋が置いてあります、理由を聞くと「あると便利」と言います。私が「2袋あれば十分。それで困ることがあれば、困ればいい。必要になったら買えばいい」と言っても、理解できません、多分、一生分からないのです。
同じ本を買ってしまう
同じ本を買ってしまう場合があります。それを見て「捨てなきゃよかったのに」と言う人は、物を捨てられない人です。同じ本を買ってしまうのは、本をすぐに捨てているからです。表紙なんて覚えていません。同じ本を買うという失敗は、整理ができている証です。喜んで失敗して下さい。
溜めるほど、やる気が失せる
物を溜めれば溜めるほど、捨てる気が失せます。すると、どんどん物が溜まっていきます。仕事も同じです。仕事を溜めれば溜めるほど、やる気が下がっていきます。すると
どんどん仕事も溜まっていくのです。溜めないコツは、溜まる前に済ませてしまうことです。
3時間で引越ししよう
引越しの荷造りに何時間必要ですか?自分1人分の荷造りは、3時間あれば十分です。
それ以上時間がかかるのは、無駄な物が多いからです。
年に3回大掃除をする。
大掃除は「年末前にする」という固定概念があります。しかし、1年の垢を2、3日で落とせるはずがありません。本当に綺麗に掃除をしたければ、大掃除は年に3回する必要があります。家や仕事場を綺麗にすることを真剣に考えていれば、大掃除は年に1度では足りないこと気づくのです。
冷蔵庫の大きさで、整理力がわかる
整理力のある人は、冷蔵庫が小さいです。無駄な食材を買わず、手順よく使うため、小さいもので十分なのです。整理力のない人は、冷蔵庫が大きいです。食材を、とりあえず保管するため、大きいものが必要になります。家族人数と冷蔵庫の大きさを見れば、その人の整理力は分かります。
賞味期限切れになっていないか
食材は、賞味期限が明記されているから捨てられます。本当は、クローゼットの中にも、本棚の中にも、賞味期限切れ、つまり、もう使わない物はたくさんありのです。
デスクトップを整理整頓しよう
パソコンのデスクトップを見れば、その人の整理整頓力が分かります。デスクトップが散らかっている人は、仕事も整理整頓できていません。デスクトップを綺麗にするとこらから、整理整頓を始めてみましょう。
同じ頭で考えている
物を捨てられない人は、「まだ使える」「いつか使う」と思考しています。仕事が遅い人は、「まだ大丈夫」「後でもできる」と思考しています。整理で使う思考も仕事で使う思考も、実は同じです。別々に思考しているのではなく、同じ頭で考え、行動しているのです。
家の中を綺麗にする方法
家の中を綺麗にするコツがあります。定期的に客人を招くことです。自然と部屋を掃除するようになります。
本当のセンス
似合った服を着ている人が、センスの良い人ではありません。服を綺麗に整理整頓している人が、センスの良い人なのです。
整理整頓の出来る人の仕事はそつがなく、仕事も綺麗に収めると実感している。
妹尾

9月25日 二宮町T邸 OB見学会 
http://www.kagatuma.co.jp/ob/
10月2日  鎌倉市大町 DA邸完成現場見学会
http://www.kagatuma.co.jp/observe/

ぜひお越し下さい

2016年09月18日(日)

チルチンびと地域主義工務店の会

年2回の全国総会です。
今回は名古屋研修会行ってきました。
設計部同行です。毎回とても勉強になります。
社長ブログ・設計ブログでも紹介しておりますのでご覧ください。
今回の見学場所のひとつで、
名古屋市内でも屈指の住宅総合展示場に出展した「エコ建築考房さんモデルハウス」
大手ハウスメーカーの最優秀モデルの中に際立った設計で挑む木造建築です。
その価値をご理解頂けるお客様には、勝負は歴然としているようでした。
%EF%BD%B4%EF%BD%BA%E5%BB%BA%E7%AF%89%E8%80%83%E6%88%BF2.jpg
さて、あなたは、
大手ハウスメーカーの工業生産品のような、規格通りのプレファブ住宅と
手造り感満載の、優しさのあふれたデザインで纏まられた木造のお住まいと
どちらをお選びになりますか?
優れた木造建築デザインとそれを生かした営業展開。
本物の高品質をお客様にご理解頂くよう、地域工務店は頑張っております。(山田)
9/25(日曜)二宮T邸にて OB見学会をさせて頂きます。
http://www.kagatuma.co.jp/ob/2016/07/post_2.html
是非お越しください!

2016年08月28日(日)

日本の高齢化・他国の若齢化

先般、匠の会の建築仲間とベトナムへホーチミン~ダナンの旅をして来ました。
とにかく、皆若い、活気に溢れていました。
ホーチミンでは高層マンシャンが建ち並び、完成前に全て完売になり、ダナンの海岸線ではリゾート開発がものすごい勢いでした。
ベトナム人の平均年齢は28歳 タイ人の平均年齢は34歳 中国人の平均年齢は35歳
日本の平均年齢は46歳 世界第二位の人口12億人が暮らしているインド人の平均年齢は25歳、日本人より21歳も若い、年齢比率では、インドでは65歳以上の高齢者が5%しかおらず。10代が20%もいます。日本では4人に1人が65歳以上の超高齢化社会です。
改めて、日本の高齢者の多さを知ると驚きます。
《私が生まれた1961年は日本の平均年齢はベトナムと同じ28.5歳だった。16人に1人の高齢者が現在では4人に1人の高齢者となっています。2030年には、日本の平均年齢は51歳》と予測されています。
日本が高齢成熟国家ならインドやベトナムは働き盛りがどんどん増え、国の生産性や消費に貢献する、若い活力が溢れています。
ちなみに、1950年には人口5億人のインドが。2030年には、14億8459万人となり中国を抜く見込みだそうです。また、平均寿命はというと、インド65歳 日本85歳、20歳の差が有ります。日本人女性の平均寿命は世界1位 日本人男性の平均寿命は世界3位です。
内閣府の発表では、2060年4人に1人が75歳以上の高齢者 2.5人に1人が65歳以上の高齢者という事になります。人口では現在の1億2千万人~8674万人に減少となるようです。
・・・元気一発のリゲイン~あー不味いもう一杯の青汁・・・
日本が世界1位の長寿国であるのは、喜ばしいけど・・・
高齢化+人口減それを前提に行動する必要があると考えさせられてしまう・・・
妹尾
Facebook始めました!
https://www.facebook.com/kagatsuma/
そちらもご覧ください!

2016年08月25日(木)

注文住宅建築・四方山4

今日は、鎌倉市・築6年目のOB様宅にメンテナンスで伺いました。
新築時に設置したカウンター上置きタイプの浄水器です。
水洗ハンドルを閉めてもお水が完全に止まりません。
どこかのパッキンが劣化しているようですね。
%E6%B5%84%E6%B0%B4%E5%99%A83.jpg%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB1.jpg
状況を確認して水栓設備メーカーより部品を取り寄せ、交換しました。
昔のように、小さな輪ゴムのようなゴムパッキンではありません。
最近の水栓金具はシリンダーの中の、この様なカートリッジごと
交換することになります。
%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BE%99%EF%BE%8C%EF%BE%9E1.jpg%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BE%99%EF%BE%8C%EF%BE%9E%E6%96%B0.jpg
部品の手配に時間がかかる事も多いので、
調子が悪いと感じたら早めにご連絡下さい。
地元だからこそ出来る「小回りのきいた工務店」を目指します。
お住まいを快適に長持ちさせるためには、メンテナンスが必須です。
加賀妻工務店では、お引渡し後6ヶ月・1年・3年・5年・10年・13年・15年・20年
の定期メンテナンスにお伺いいたします。
お施主様とは、長年のお付き合い「家守り工務店」であり続ける様努力しております。(山田)
Facebook始めました!
https://www.facebook.com/kagatsuma/
そちらもご覧ください!

2016年07月05日(火)

注文住宅・建築四方山3

今回は、鎌倉の現場です。
埋蔵文化財包蔵地区にあたります。
鎌倉市教育委員会文化財課に相談「確認調査の依頼」の末、
試掘(計画敷地内で約2m四方×計画の深さまで)
・・・の筈ですが、今回敷地より2m近くの深さまで掘り返しました。
%E8%A9%A6%E6%8E%98%E9%96%8B%E5%A7%8B.jpg
前面道路より1mほど盛土をした、計画土地から考えると
約1m70cm下が中世・鎌倉時代の地層
%E9%81%BA%E8%B7%A1.jpg
出ました。
現況道路面より約1m下で明らかに人工的な石積みを発見
当時の護岸工事の跡の様です。(滑川周辺集落の生活ぶりが想像されます。)
%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%911.jpg%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%912.jpg
周辺からは、勿論、中国(唐?)渡来の青磁のカケラなどが多数出土。
「埋蔵文化財発掘の届出について」を提出
教育委員会のお達しを待ちます。
結果は
“触らぬ遺跡に調査無し”
今回の工事では、遺跡埋蔵層は工事計画外の深さにて
「埋蔵文化財を壊さぬよう、慎重に工事を実施すること」とのご指示を頂き
その調査は次世代にお任せする形で決着。
ところが、当現場より約30m先の距離で、某大手ハウスメーカーさんの調査現場に遭遇。
こちらは、本格的な発掘調査を開始。
%E9%81%BA%E8%B7%A12.jpg
%E9%81%BA%E8%B7%A13.jpg
かなりの面積の綺麗な石畳や井戸、建物の柱跡を目撃。
タイムスリップしてみたくなるような、光景が出現。
歴史のある町ゆえのロマンを感じますが・・・・
施主(事業主)は大変です。
予定の工期、費用はどうなっていくのでしょうか。
こういった発掘手続きは設計部の仕事
営業はドキドキしながら、経過を眺めるだけです。(山田)

2016年06月05日(日)

6/3(金) 逗子海岸花火大会

19:30 134号線逗子海岸
幸運なことに、帰宅時間と重なり、渋滞の中
逗子海岸花火大会のオープニングに遭遇
車窓より、カウントダウンと共に、ワンカットのみ撮影
まだ、暮れきらぬ昼と夜のグラディエーションの中に打ちあがる花火
(写真では表現できてないのが残念)
なかなか良い感じで、親父一人ロマンチックな気分に浸りました。
(絵になりません)
%E8%8A%B1%E7%81%AB.jpg
翌6/4(土)は会社に向かって7:30に逗子海岸通過。
数年前の花火大会の後は、海岸中にゴミが散乱して
数台の市の清掃車が走り回る有様でした。
情けないとしか言いようがなく、どうにかならないものかと
思い続けていたものの、
今年は、かなり早朝から片付けを始めたのか?
それとも、見物客のマナーが改善されたのか?
清掃車1台と数人のビーチクリーニングをしているボランティアさんらしき人を
見かけただけです。
少し安心した気分で、夏を迎えられそうです。(営業:山田)
改めて、片付かない工事現場も見苦しい物、
現場でのゴミの持ち帰りにも今以上に気を配っていきます。