2014年11月29日(土)

14歳のハローワーク

今年も、茅ヶ崎市立中学校2校の生徒さんが、課外授業の「職場体験学習」にやってきました。
工具を使った木工作業に夢中のみなさん。
P1060851_512.jpg
P1060852_512.jpg
P1060855_512.jpg
このあと、改築中の会社内の現場で、大工さんのお仕事見学、
お掃除などのお手伝いを体験。
「いろいろな職場の中で、どうして工務店を選んだの?」 
  「ものをつくるのが好きだからです!」 
  「僕のおじさんが、建築士だし、おとうさんも機械設計していて興味があったからです。」
  「絵は得意じゃないけど、図工が好き。 ものをつくるのが好きです。」
お家の中に工具もあって、身近に工作する環境がある生徒さんが多いようです。
この一日が、みなさんが 「好きなこと」 「やってみたいこと」 「しごとにしたいこと」 を見つけていく
経験のひとつになったらよいですね。
P1060867_512.jpg
「ふじさわびと」 新年号の取材を受けている 石田大工さん(親方)・小林大工さん(弟子)
P1060914_512.jpg
小林拓さんは28歳
大工さんのしごとを見て、小さい頃から大工さんに憧れていました。
ものつくり大学を経て、加賀妻工務店での修行もいよいよ卒業真近です。
「一人前の大工さんになりたい、というぶれない目標があったし
何よりこのしごとが好きだから」
10年以上の道のりは、決してつらいことではなかったと言います。
P1060912_512.jpg
親方の石田昌宏さんも、また加賀妻工務店で別の親方(近藤大工)のもとで修行を終え
一人前の大工さんになりました。
P1060913_512.jpg
日本の木造技術を継承する、宝の職人さんたち。
しっかりと現場での修行を重ね、確かな腕を持つ大工さんが本当に減り続けています。
加賀妻工務店は、志を持つ若い大工さんを受け入れていく場であり続けたいと願っています。
P1060916_512.jpg
夢をかなえるってスゴいなあ。
(高橋眞理)

2014年11月10日(月)

オダギリミホさん 絵日記展

仕事のあとで、茅ヶ崎市中海岸「カロカロハウス」で開催中の
イラストレーター オダギリミホさんの絵日記展に伺いました。
現在3歳の長女がおなかにいるとき6ヶ月 から3歳になるまでの
1200枚(日)!の絵日記の展覧会です。
11日(火)まで開催しています。
1-001.JPG
このうち600日分抜粋収録した2冊組の本もあります。
11-001.jpg
12-001.jpg
13-001.JPG
1200枚…
3-001.JPG
4-001.jpg
5-001.jpg
6-001.jpg
7-001.JPG
ある日天使がやってきてからの、家族の一日一日を
かわいい水彩イラストと、ちょっとドキっとする短文で綴っています。
子どもとの日常を通して、ミホさんの感性がどんどん広がって
「お母ちゃん」として一緒に成長していく様子が、本当に楽しく描かれています。
そして、子どもって かわいい! 愛しい! 素晴らしい!が溢れていますね。
8-001.jpg
9-001.jpg
10-001.jpg
オダギリミホさんは、茅ヶ崎市出身・大磯在住。
湘南学園中等部の同窓生で、私たちにとってはずっと「みょんちゃん」。
クレバーで優しい感性がつくり出す素晴らしい作品に
目をとめていただければ嬉しいです。
P1060864-001.JPG
絵日記展は、葉山・原宿と順次開催予定です。
(高橋眞理)