2013年02月27日(水)

3月は「OMソーラーハウス」冬の見学会を毎週開催します。

「OM を知ってしまった以上、あきらめることはできませんでした。」
そんなお施主様方のお家を会場にお借りして、3月は毎週毎週・・・見学会を開催します!
「OMソーラーハウス」の温もりと心地良さを知るには、今の時期が最適なのです。

>> 3月3日(日) 平塚 「西の景観を楽しむ板張りのOMソーラーハウス」完成見学会


>> 3月17日(日) 二宮 「二世帯の家とOMソーラーの家」OBの住まい見学会

>> 3月23日(土) 横浜市泉区 「OMソーラーと化粧垂木の実用美を追求した住まい」完成見学会
OMソーラーでは、昨年より「エコナビOM」システムで自分の家や、全国のOM家族達の
頼もしい働きぶりがネットで見られるようになりました。
「見える化」すると、生活が楽しくなったり、さらなる省エネ行動や暮らしの工夫も生まれます。」(OMカタログより抜粋)
凍える日の家路の途中、スマホでわが家の室温をチェックすれば、先に気持ちが暖かくなるかも…しれません。

>> エコナビOM ~全国のOM/105件掲載中 

加賀妻のOMの家たちにも、近々仲間入りしてもらう予定です。
下の写真は、2月にお引き渡しの平塚・W邸のリモコン、社内検査時の無暖房時の状況です。
真冬の午前でも50度の棟温度、10時半の13度から、たった1時間で2度も暖かくしてくれたOMソーラー。
P1050887_640.jpg
床の吹き出し口を設置して、北側のキッチンも足元がぽかぽかです。
P1050885_640.jpg
OMの資料をいろいろと揃えております。
皆さんぜひ一度「体感」しに来てください、きっとOMが好きになりますヨ!
P1050884_640.jpg
(高橋眞理)

2013年02月04日(月)

節分

本日は、立春として1年の始まりともされる日、
おめでたいこの日に合わせて、保土ヶ谷O邸では棟上げの儀式です。
これから、現場に向かいます。
今年の山田家、年中行事(その2)なのですが、
少し控え目な節分になりました。
(子供たちが受験を控えているため)
子供心に山田家では、節分の豆まきはクリスマス以上の大イベントであった筈なのですが・・
その豆まきを、来年は40数年ぶりに復活させようと、ひそかに企んでいます。
1) かまどに柊をくべ、パチパチと弾ける音とともに鰯を焼く。
2) 次にかまどに焙烙を乗せ、大豆を煎る。
3) 煎った大豆を神棚に供えてお浄めをする。
4) 提灯持ち・鰯持ち・裃を付けた当主の順に「鬼は外・福は内」の掛け声とともに
  家中に豆をまく。
5) クライマックスは、家中の窓を閉め、鳴り物(鍋、釜)をガンガン叩きながら
  玄関から外に向かって「鬼は外」の声とともにドアを閉める。
6) あとは、お茶とともに歳の数だけ豆をいただく。
三重県、伊勢での風習。
私にとっては、とてもインパクトの強い思い出です。(山田)