2011年02月20日(日)

適材適所

2月12日(土)、家づくりセミナーを弊社にて開催しました。
家づくりを計画中の6組10名の方が参加されました。
20110127143229407_0001_640.jpg
●第1部 稚内珪藻頁岩左官材「ダイアトムウォール」メーカー、㈱アベルコの
市原氏、井澤氏による講義です。
巷にあふれる珪藻土との性能、機能の比較(調湿・消臭・安全性)を多くの実験データに基づき説明、
優れた消臭機能を実演で確認しました。
珪藻土が日本の気候風土、高気密化する最近の日本の住まいに適していることを
ご理解いただけたと思います。
ダイアトムウォールは他の珪藻土に比べ、割れ、はがれにくさも特徴のひとつです。
政府系の建物や、高齢者施設にも積極的に採用されています。
P1040159_512.jpg
P1040161_512.jpg
協力業者の日湘工業さんによる実演。 鮮やかな職人技に目を奪われています!?
P1040163_512.jpg
3名の方に代表して左官体験をしていただきました。
コテの扱いと、思うように伸びない材料に、初めはてこずりました。
P1040165_512.jpg
P1040166_512.jpg
今日の司会進行、左官経験豊富な?営業Y氏も挑戦。
皆さんの熱い視線に緊張したのか、コテがスベリました…がやはり上手です(フォロー)。
P1040168_512.jpg
●第2部 ㈱山長商店 真鍋氏による構造材(檜・杉)の講義です。
「適材適所」という熟語があるように、山長商店の樹は種を植えられる
ときから、木造建築の優れた構造材として生きていくため
60年以上の時と、3代に渡る手を経て出荷されます。
1本の樹の中でも、それぞれの部位の特徴を最大限に活かし
柱材、横架材、羽柄と使い分けられ、二度めの生を生き続けます。
P1040173_512.jpg
今日蒔く種は次々世代の収穫のため、というお話しに
未来へ残し伝えていく仕事の尊さに、また感動を覚えました。
このような、世界に誇る林業技術が、安い外材に頼る建築業界の
影響で苦しい状況にあるをことが残念でなりません。
P1040174_512.jpg
P1040176_512.jpg
「林業家の見えない努力に、頭がさがります。」と感想をいくつもいただきました。
同じ「木」と呼ばれる材料でも、目的を持ち・手を掛けて育てられた木の性能と
耐久性の差と違いを深く理解していただけたと思います。
日本の樹が優れているから、日本の樹で家を建てる…あたりまえで自然なことを
もう一度取り戻していけたら、と思います。
生産者の方より直接お話ししていただき、どういう理念を持って
研究、開発しているかということから知ることで
製品への信頼感、安心感はより深くなります。
家づくりを考えるとき、何を基準に選択していったらよいか、
がはっきりと見えてくると思います。
寒い日にもかかわらず、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
(高橋眞理)

2011年02月05日(土)

2011 国際森林年

2011年・今年は国連の定める「国際森林年」です。
pic09269%5B1%5D.jpg
↓↓↓林野庁HP↓↓↓
林野庁~国際森林年について
森林保全の重要性についての認識を広めるため、国連総会決議において
決定されました。
「森林の保全と持続可能な森林経営・保全・開発」の強化の重要性
については、1992年リオデジャネイロで開催された「地球サミット
(環境と開発に関する国際連合会議)」で声明(合意)が出されました。
この時の地球サミットに、子どもの環境団体の代表として参加して
「伝説のスピーチ」で注目されたのがセヴァン・カリス=スズキさんです。
(ご存知の方も多いと思います。) 
…何も申しません、一度聞いてください。↓↓↓
「伝説のスピーチ by Severn Cullis-Suzuki」 (動画)
地球サミットから早や19年が経ちましたが、日本国内での認識が高まっている
というにはまだまだ道は遠いように感じてしまいます。
木を身近に使うこと、国産の樹を使うことだけでも
日本の森づくりの循環と、地球環境保護につながっていきます。
食べ物の産地だけでなく、木材の産地もぜひ気にとめてほしいです。
加賀妻工務店では2月12日(土)に、「家づくりセミナー」を開催します。
今回、和歌山県・山長商店さんに講義をしていただきます。
山長の真鍋氏の講義は
「山長さんのお話で、家に使用される木がこんなにも手間をかけ
育てられたかと思うと、益々家への愛着がわいてきます!」と昨年も大好評でした。
P1010135_256.jpgP1010136_256.jpg
まだ募集しておりますので、お申込みをお待ちしています。
ちなみに、今年の全国植樹祭は山長商店さんの地元、和歌山県田辺市で
5月22日に開催されます。
国際森林年に、木の国(紀の国)と呼ばれる和歌山で植樹祭が行われる
のも、何か縁を感じます。
地元では、ゆるキャラ・紀の国森づくり大使キノピーの活躍?で
なかなかの盛り上がりを見せているようです。↓↓↓
全国植樹祭2011わかやまHP
(高橋眞理)
⇓⇓⇓次回の家づくりセミナーの詳細はこちら⇓⇓⇓
http://www.kagatuma.co.jp/events/report.html