2008年04月18日(金)

みんなでやりました

去る3月2日(日)に普段多忙なOBの方のご協力の元で、壁塗り工事を行いました。
建物の規模としては、自身で行う面積では最大で、40坪強で、当社は骨組みの施工や壁のボード貼り
その後の壁下地の寒冷沙の貼り込みやビス穴埋めとボードのジョイントパテ埋め、更に一般の方で良く
ある、ボード下地のパテの塗りすぎによるヤスリ削り等々・・・・・・
出来る限り、仕上げ工程のみOBの方にお手伝い戴くつもりが、何せ面積が多い為、間に合わず、分担制にて、手伝って戴く形になりました。
経験者の多くは、下地のパテの処理やシーラーの塗りが手際よく行い、正直手伝うスキを与えてくれません。むしろ柱が汚れてしまうとの事で、養生に関して注意を受けた位でした。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20137.jpg
上の写真で、いらっしゃる方々は、それぞれに思い出があり、夜中までプランの件で葛藤した方。土地を多方面に一緒に付き添い何年か掛かって決めて戴いた方。間取りへの拘りが強く何回もプランをやり直した方。でも今は皆様が味方になってくれて、こんなに心強いと感じた事はありません。
今回、この企画を考えたのは、施主工事で間に合わなかった事が1番でしたが、何人かのOBの方に、
会社のイベント(地引網等)以外にOBと新築をされている顧客もしくは、まだ加賀妻を検討している方に
討論会なる物を企画して欲しいとの話が出ており、初めての試みでしたが、行ってみました。
今回のお手伝いの甲斐あって無事3月26日に施主様がお引越しされました。
普段皆様は仕事を持ち、忙しい方なのですが、折角のお休みの日に、こちらの厚かましいお願いについても、二つ返事で応じてくださいました。本当にありがたく思っております。
最後に、施主様から、「また、別の場所でお手伝いの際に会いましょう」と冗談まじりの言葉を戴きました。