2007年12月26日(水)

ラーメン談義

営業の仕事柄、打合せをするお客様の自宅近くや施工現場近くのラーメン屋に立ち寄るのが、ここ数年の楽しみとなり、今では数十件の馴染みの場所が出来ている程です。
中でも10年来のお付き合いのあるラーメン屋さんを今回は紹介します。
その店は、多分皆様が立ち寄れば清潔感もなく、ご主人が無愛想、食べる場所もカウンターのみの小さな店なのですが、何せ平日だろうと、休日だろうと4台しかない駐車場は塞がれ、路上駐車を皆している程です。(以外と平日営業車が停まっている所は美味しいですよ)
ここで、混んでいるお店で私なりに考える事は、このお店が他のお店と一体何が違うのだろうか?
・店の清潔感
・ご主人の愛想の良さや人柄
・文句なしの味
・お手軽なお値段
私が思うにやはり、店の環境があっても、それを黙って食べさせる味付けこそ、このお店が残っている
所ではないかと思わせる所だと感じます。(この店でしか食べられないですから)
私も店の親父に覚えて貰う為、その店でのメニューはいつも同じで、座る場所も同じ、ランダムですが
伺う時間も同じで、ようやくメニューを言わずに「いつもの奴」と言う事で、ラーメンが出てくるまでに
なりました。
私の考えでは、やはりこのラーメン屋さんの様に、ここでしか出来ない技術と拘りを持ち、自身を持って仕事が出来る様になる事が理想です。
では、また近い内に開拓したラーメン屋さんを紹介します。
余談ですが・・・・・・
残念ながら、他の社員が申した「美味いラーメン屋さん」は、その後立ち寄った時に、コインランドリーに
変わっていたり、回転すしになっていたりと散々な結果となっております。(北)