2016年07月02日(土)

大規模リフォ-ム(2)

浴室リフォ-ムに着手しました。
在来浴室をユニットバスにリフォ-ムします。
既存タイル張り浴室
IMGP9157_640.jpg
既存壁・床を撤去解体します。
IMGP7734_640.jpg
IMGP7761_640.jpg
土間コンクリ-トを打ちました。
IMGP7764_640.jpg
ユニットバス組立作業の開始です。
IMGP7765_640.jpg
浴室リフォ-ム工事の完成です。
IMGP7776_640.jpg
IMGP7779_640.jpg
今回のリフォ-ムは1.25坪のゆったりサイズでバス暖房・ミストサウナ・ジェットバス付きの快適な浴室になりました。(中山)

2016年06月29日(水)

セントリコン

来月より、小田原から平塚の区間のお客様のセントリコンの担当になりました!
おかげさまで件数もだいぶ増えたので横内さんからのバトンタッチとなりますので宜しくお願いします。
IMG_2002%20%281%29_640.jpg
そして、ついこないだ屋根のトタンが浮いているとのことで、あるお客様の現場調査に伺ったところ、なんと屋根の下地までシロアリに食べられていました。
皆さんがシロアリの被害と聞くと、床下の土台や柱、お風呂などを想像すると思うのですが、屋根まで上ってくるんですね
実際屋根まで被害にあわれているのは、僕自身初めて見たのですが、古くからの大工さんに聞いても長年やって二回ほどしか見たことがないと言っていました。
IMG_1922_640.jpg
IMG_1997_640.jpg
IMG_1998_640.jpg
そもそもシロアリってなんでいるの?現代のテクノロジーで消すことは出来ないのか、なんて考えていたのですが、やはりシロアリにも役目があったんですね
シロアリは、森の倒れた木や枝、落ち葉などを土に還す役目を持っていることから【森の分解者】と言われています
そして、よく言われるのが、シロアリは、黒蟻のエサとしても重要な役割をもっています
植物性たんぱく質を動物性たんぱく質にかえるシロアリは、食物連鎖の第一号と言われてもおかしくないのではないでしょうか
自然界の食物連鎖でも大変必要な生物となっています
その他でも土壌改良など、とても重要な役割を持っていたりと、
知れば知るほど駆除して良いのかと思いましたが、私たちの住む世界のシロアリの活動を見ているとやはり勘弁願いたいものですよね・・・
USK

2016年06月22日(水)

玄関ドア 1DAYリフォーム

古い木製の玄関ドアをアルミ製に交換させて頂きました。
木製も味があって良いと思うのですが、どうしてもメンテナンスが必要になってしまいますね。
玄関ドアは一日で交換できる便利な商品が出ています。
交換前・・長い間、ありがとうございました!
DSC_0224_320.jpg
交換後・・これからよろしくお願いします!
DSC_0455_320.jpg
取付前
DSC_0217_320.jpg
取付け後
DSC_0453_320.jpg
DSC_0456_320.jpg
既存の枠にぐるっとアルミの枠を被せます。
足元にも枠が廻るので躊躇される方もいらしゃいますが、
あまり違和感が無いように私は思いますがいかがでしょうか?
壁や床を壊す必要が無いので、費用が抑えられます。
なにより一日で工事が終わるのがメリットだと思います!
しかしながら現場状況に拠ってはこの1DEY用商品が取付不可能な場合もございます;-;
ので、、、
気になる方は是非お気軽にご相談下さい^^
YURIKO

2016年06月21日(火)

本棚の作り方

今回は、本棚を作りたいと思います。
まず910mm×1820mmの板を1枚用意します。
IMGP4610_400.jpg
この板を3等分にします。30㎝幅でカットして行きたいと思います。
IMGP4611_400.jpg
IMGP4613_400.jpg
IMGP4614_400.jpg
丸ノコに定規付けて、ずれないように固定します。
IMGP4615_400.jpg
30㎝幅でカットしました。
IMGP4616_400.jpg
30㎝×1820mmの板が3枚出来たことになります。
IMGP4617_400.jpg
まず30㎝×1820mmの板を2枚使い、側板・底板・天板を作ります。
120㎝にカットして行きたいと思います。
IMGP4619_400.jpg
IMGP4620_400.jpg
IMGP4621_400.jpg
120㎝でカットしました。
IMGP4622_400.jpg
120㎝でカットして、切り落とした材料で、底板と天板をつくります。
IMGP4624_400.jpg
次に裏板を張るための加工をします。
IMGP4630_400.jpg
IMGP4631_400.jpg
IMGP4632_400.jpg
次に、この機械を使います。
IMGP4633_400.jpg
ジョイントカッターといい、このような溝が掘れます。
IMGP4635_400.jpg
IMGP4636_400.jpg
次に棚板が乗る位置を出し、ダボ金物(メス)を取り付けます。
IMGP4637_400.jpg
ダボ専用ドリルで穴を空けます。
IMGP4640_400.jpg
このような感じです。
IMGP4641_400.jpg
ダボ穴にダボ金物(メス)を玄能で打ち込みます。
IMGP4643_400.jpg
ダボ金物(メス)が全て入りました。
IMGP4646_400.jpg
次に組み立てたいと思います。
IMGP4650_400.jpg
これは、ビスケットと言いまして、先ほどのジョイントカッターで、溝を掘った個所に木工ボンドを付けて差し込みます。
IMGP4651_400.jpg
このような感じです。
IMGP4654_400.jpg
IMGP4655_400.jpg
IMGP4656_400.jpg
IMGP4657_400.jpg
ビスで固定してないので、見た目が綺麗に仕上がります。
たまに、どうやって固定したの?と聞かれることがあります。
IMGP4659_400.jpg
IMGP4660_400.jpg
次に最初でカットした30㎝の1820㎝の板で棚板を作ります。
IMGP4662_400.jpg
2枚作ります。
IMGP4664_400.jpg
次に裏板加工した所に裏板をはめ込みます。
厚み5.5mmの板を使いました。
IMGP4665_400.jpg
IMGP4666_400.jpg
裏板の加工することによって裏板の小口が横から見えなくなり、綺麗に仕上がります。
IMGP4667_400.jpg
後は、ダボ金物(オス)を取り付け、棚板を乗せれば完成です。
IMGP4674_400.jpg
IMGP4684_400.jpg
IMGP4687_400.jpg
綺麗に完成しました。
IMGP4688_400.jpg
IMGP4689_400.jpg
加賀妻英樹

2016年06月18日(土)

トップライト窓(天窓)のメンテナンス

トップライト窓を、取り付けている施主様より良くご相談されることの一つに
夏の暑さ、まぶしさについてです。
確かに、明かり取りとしては非常に有効ですが・・・・。
お施主様によっては、完全に屋根側にガルバリュウムでカバーを造り塞いだこともあります。
今回は、以前よく付けていたベルックス製GGLタイプ専用のベネチアンブラインドを
取付ました。
P1017531_640-1.jpg
取付前
P1017532-4_640.jpg
取付後  室内側から上向きに取付するより屋根からの方が楽に取付け出来ます
P1017537_640.jpg 室内側でブラインドを閉じた状態です。アルミのスラット(羽根)が結構遮光しています。当然熱も遮断します。    
P1017357_640-3.jpg
10年以上経過しますと、ベルックスのメンテナンスを依頼して安心点検、劣化部品(パッキン、コーキング等)交換をしてもらいます。有償です。        横内

2016年06月17日(金)

許せん!シロアリ

リフォームのお客様のお宅です!
雨が差していたようです。
ここが水分の供給源となり、いつの間にかシロアリが蟻道を作って進入していました!
しかも2階 ;-;
二度と被害に合わないように、今も潜んでいるであろうシロアリ退治に作戦会議中です!
DSC_0821_320.jpg
DSC_0822_320.jpg
YURIKO

2016年06月17日(金)

鎌倉新築OBのS様

私が新築のコーディネーターを担当させて頂いていた頃のお客様です^^
今回面格子と愛犬ちゃんの為の雨避けテラスを造らせて頂きました

付けたいのは窓の下。雨の日でも濡れずに外でおトイレに行ける様にとのこと。
愛情を感じてしまいます^^
大工さんは荻原さんです。
DSC_0446_320.jpg
完成したテラスがこれ。
terasu.jpg
先日お伺いした時は、まだ雨の日に外に出て、というのは慣れていないみたいで
雨避けというよりも、日避けとしての役割が多いみたいですが^^;
それはそれで良かったです。
そして面格子。アルミも検討頂きましたが、最後は木製の格子に決まりました。
出来るだけごつい印象にならないように寸法に気を使いました。
DSC_0559_320.jpg
中から見るとこんな感じに。
DSC_0565_320.jpg
ありがとうございました!
YURIKO

2016年06月08日(水)

茅ヶ崎市住宅耐震化耐震セミナー

茅ヶ崎市の住宅耐震化セミナーに参加してきました。
IMGP8079_640.jpg
IMGP8078_640.jpg
当社加賀妻社長による過去の地震の現場報告。
特に今回は、熊本地震の現地報告を中心に説明されました。
IMGP8076_640.jpg
続いて茅ヶ崎市建築指導課のかたより、熊本地震の現地報告・応急危険度判定の説明が行われました。
IMGP8080_640.jpg
最後に茅ヶ崎市防災対策課のかたによる、地震に対する準備・対策等説明がありました。
IMGP8081_640.jpg
セミナー終了後、無料耐震相談会を開催しました。(中山)

2016年05月31日(火)

N様邸 床張替工事

IMGP4522_400.jpg
畳をめくりましたら、かなり床下地が傷んでました。
IMGP4537_400.jpg
床板、床下地を綺麗に解体しました。
IMGP4542_400.jpg
補強しつつ根太を303mm間隔に入れました。
なぜ303mm間隔かというと。
一般的な合板のサイズが910×1820mmなんです。
1820mmの方を6当分すると約303mmになります。
IMGP4549_400.jpg
根太と根太の間に断熱材をひきました。
断熱材を入れることによって、床下からの冷気の侵入を抑え、底冷えを防止します。
IMGP4591_400.jpg
根太の上に構造用合板を張り、床下地が完成しました。
IMGP4567_400.jpg
フローリングを張ります。
IMGP4571_400.jpg
フローリング専用釘打ち機で、おすざねのほうに45度に傾けて打ち付けます。
IMGP4575_400.jpg
IMGP4574_400.jpg
IMGP4576_400.jpg
既存幅木が取り付けてあるので、鉋(かんな)で削り、調整してぴったりとくっつけます。
IMGP4577_400.jpg
IMGP4578_400.jpg
IMGP4582_400.jpg
綺麗にフローリングが完成しました。
IMGP4585_400.jpg
この度は、数多いい業者の中、加賀妻工務店をご指名いただき、誠にありがとうございました。
(加賀妻英樹)

2016年05月20日(金)

大規模リフォ-ム(1)

大規模リフォ-ム着工しました。
現況独立した、居間・食堂・キッチンを一部屋のLDKにリフォ-ムします。
IMGP7640_640.jpg
IMGP7642_640.jpg
既存間仕切り壁・床・天井を撤去します。
IMGP7554_640.jpg
IMGP7562_640.jpg
床・壁・天井に断熱材を施工し、床:無垢フロ-リング張り・天井:杉板張りで仕上げます。
IMGP7650_640.jpg
IMGP7669_640.jpg
IMGP7685_640.jpg
サッシも交換しました。
IMGP7546_640.jpg
新しいシステムキッチンも設置完了です。
IMGP7671_640.jpg
塗装工事・クロス貼りも完了して完成です。
IMGP7799_640.jpg
IMGP7801_640.jpg
(中山)