2016年11月30日(水)

リノベーション

こないだもUPさせて頂いたT様邸です
あのあと綺麗に解体し下地を作ってからユニットの施工とキッチンの取り付けを行いました
もともとキッチンがあった場所に浴室、浴室があった場所に対面式キッチンの配置換えです
IMG_0150_640.jpg
IMG_0311_640.jpg
IMG_0314_640.jpg
IMG_0315_640.jpg
建物の修復だけではなく間取りの変更など新築の時以上の性能になる工事は、リノベーションと言います
まさにこちらのお客様は、リノベーションと言えるでしょう
中古住宅に新たな付加価値、新たな住まい手の好みにあった建物にするための大規模工事のことです
最近では住宅購入の手法として中古物件の後にリノベーションを行うお客様が増えてきました
私の自宅も大規模リノベーションを行いました
興味がある方は是非内覧して頂けたらと思います。
usk

2016年11月27日(日)

耐震補強工事の重要性

【耐震補強工事を検討したほうがいい建物】

.老朽化した建物

建物は足回りや水回りから老朽化が始まっていくことが多いですが、家の元となる部分が弱ってしまうと当然ながら地震にも弱くなってしまいます。
何度もメンテナンスしてきたという場合は別ですが、新築で建ててから特に補強工事などを何も行っていないという建物では倒壊の危険性はさらに高くなると言えます。

昭和56年以前に建てられた建物

昭和56年というのはひとつのポイントになります。
昭和56年に過去の大地震を教訓として耐震基準が大きく変わり、耐震性の高い建物が建てられるようになったからです。
昭和56年以降の基準を新耐震基準、昭和56年以前のものを旧耐震基準と呼びます。
建物の倒壊被害が非常に大きかった阪神・淡路大震災では旧耐震基準で建てられた建物の被害が多かったため、中古住宅を購入する際にも新耐震基準で建てられているかチェックする人が増えているようです。
旧耐震基準で建てられた建物に住んでいるという方は、早めに耐震リフォームについて検討してみてはどうでしょうか。

地盤が弱い建物

建物が丈夫であったとしても、地盤の強度がなければ地震に強い家とは言えません。
といっても、地盤に不安があるからといって家を別の場所に移動するというのは難しいことです。
そこで大切になってくるのが耐震リフォームなのです。
地盤を強くすることは難しくても、建物を強化することはできます。
.不安定な建物
安定している建物に比べると不安定な建物は地震に弱い傾向にあります。
不安定な建物といえば、オーバーハングしている建物です。
オーバーハングとは、一階よりも二階のほうが突き出した形になっている構造のことで、土地の広さやデザインの理由からオーバーハングとなっている建物があります。
一階よりも二階の方が広いということを考えると、それだけでもバランスが悪く、地震には弱いことが想像できるのではないでしょうか。
こういった建物もリフォームで耐震補強することを考えたほうがいいです。
1階の強度に不安がある建物
一階部分を店舗や車庫にしているといった理由から、壁を減らしている建物も耐震面で不安があります。
例え2階の耐震補強がしっかりしていたとしても1階部分が倒壊してしまえば被害は大きくなるため、壁が少ない建物もしっかり耐震リフォームをしましょう。
【耐震リフォームの方法】
基礎の補強
基礎の補強は大がかりな耐震リフォームとなりますが、家の土台となる部分でもあるのでリフォームをする価値は大きいです。
内装などを全て撤去して行うのが一般的で時間もかかりますが、築20年以上の家に住んでいるという場合は基礎の耐震補強についても考えてみてはどうでしょうか。
壁の補強
壁の補強も耐震性能を高めるためにはとても大切です。
必ずしも耐震性能が高い壁に交換しなければならないというわけではなく、既存の壁を利用して耐震性能を高める方法もあります。
部材の交換
湿気の多い地域や害虫の被害を受けている建物は部材が傷んでいることも珍しくありません。
傷んだ部材は耐震性能が落ちてしまうので新しく丈夫なものに取り換えることで耐震性能がアップします。
.建物全体の補強
基礎や壁といったように一部分だけ耐震リフォームするのもいいのですが、やはり建物全体の耐震補強が大切です。
一部分だけ耐震リフォームしても実はそれほど耐震性能がアップしていないこともあるため、家全体を補強する方法を選択しましょう。
加賀妻英樹

2016年11月22日(火)

鎌倉の現場無事にお引渡し♪

工事着工からかれこれ数ヶ月が経ち、コートを羽織る季節になりました!
鎌倉の現場も無事にお施主様の引越しが終わりました^^
既存写真
DSC_0873_320.jpg
完成写真がこちら^^
薪ストーブが羨ましい♪鍋を置いて調理可能なストーブです^^
DSC_1528_320.jpg
別の角度からの
工事中の写真がこちら。この時は暑かったー!
mae.jpg
完成
DSC_1511_320.jpg
こちらの現場は設計事務所が入った現場です。
納まりや設計プランなど、新しい発見もあり色々と勉強させて頂きました。
ちなみに設計者さま、【ホンマでっか!?TV】にご出演されたことがある方でした!
お施主様のi様ありがとうございました。
設計事務所の設計者様ありがとうございました。
関わって下さった職人さん
ありがとうございました!お疲れ様でした!!
YURIKO
見学会あります。
どこにも負けない構造を是非見て下さい。
宜しくお願いします!
11月27日(日) 
大磯町東小磯 OB宅見学会 + 大磯町東小磯 構造見学会
http://www.kagatuma.co.jp/gallery68.html
http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/cat165/

加賀妻工務店のスマホ版ホームページが出来ました!
http://kagatuma.heteml.jp/sp/
こちらも是非ご覧ください!

2016年11月21日(月)

人も家も健康診断を受けよう!

経理部の妹尾です。今年も残すところ40日!早すぎる…。
先日自身の年に一度の健康診断に行ってきました。
今年の検診施設は初めての場所でした。いつもの勝手と違い
待たされる時間も長く、あちこち回され不安になりました。
いつもの場所ならこんな気持ちにはならないのに…..。
加賀妻の家では、お引き渡し後半年、1年、3年.5年、10年
13年、15年、20年と必ずお家の診断(点検)をうけていただきます。
設計から一緒につくりあげたスタッフが伺います。何より安心。
住んでからわかる事もありますよね。
細かい事でも何でも相談してほしいです。
また、点検を受けていただくことにより、
初期の段階で解決できます。
人も家もいつもの場所で、定期的にちゃんと検診(点検)
を受けるのが、安心、健康、長持ちの秘訣だなと思います。
我が家も来年で20年です。今のところ不具合は?
不具合はないけど、キッチンを新しくしたい~(願望)!
IMG_5867_320.jpg
19年前に塗った漆喰壁と自称看板犬ハナコ
(漆喰は19年経っても色あせなし、脱臭、湿度調整効果抜群)
11月27日(日) 
大磯町東小磯 OB宅見学会 + 大磯町東小磯 構造見学会
http://www.kagatuma.co.jp/gallery68.html
http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/cat165/

2016年11月08日(火)

ちがさき消防防災フェスティバル2016

ちがさき消防防災フェスティバル2016の耐震コ-ナ-に参加してきました。
当日は天気も良く大勢の方が来場されました。
IMGP0301_640.jpg
IMGP0302_640.jpg
多数の方が耐震相談を受けられました。
IMGP0303_640.jpg
東日本・上越・熊本地震のパネル展示も多くの片が見に来られました。
IMGP0305_640.jpg
液状化の模型体験には子供たちが興味深く体験していました。
IMGP0316_640.jpg
中山
見学会のお知らせです
11月13日(日)10:00~17:00
平塚市四之宮 構造見学会
http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/cat163/
11月19日(土)・20日(日)10:00~17:00
鎌倉市腰越 完成見学会
http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/o/

11月27日(日) 
大磯町東小磯 OB宅見学会 + 大磯町東小磯 構造見学会
http://www.kagatuma.co.jp/gallery68.html
http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/cat165/

加賀妻工務店のスマホ版ホームページが出来ました!
http://kagatuma.heteml.jp/sp/
こちらも是非ご覧ください!

2016年11月01日(火)

築19年加賀妻の家シリーズその3

11月に入り本格的に寒くなってきましたね。経理部の妹尾です。
いかがお過ごしでしょうか。
今年もあと2か月、我が家では一足先に障子紙を張り替えました(気持ちいい~)
お正月まで無傷でいられるかは、自称看板犬ハナコ次第か?私次第か・・・・。
しかし、穴あき障子もなかなか味があります。穴も気にならないようなおおらかな気持ちにも
なれるのが、加賀妻の家なのです!^^!
IMG_5065_320.jpg
加賀妻の家づくりでは、障子は外せないアイテムです。
最近の設計では障子を片側や、両側に壁の中に引き込むので開けたときは窓面がオールスッキリ、
日差しもたっぷり差し込みます。ちなみに我が家は19年前の家なので違いますが(涙)
昼の顔、夜の顔を持つのも障子の良さです。夜の外から見た障子越しの光は何とも暖かい
雰囲気をかもしだしており、最高に素敵です。
是非住まいの計画に障子を取り入れてみてはいかがですか。
IMG_6038_320.jpg
セミナーのご参加はこちら。
自称看板犬ハナコがお待ちしております。
http://www.kagatuma.co.jp/seminar/2016/10/post.html

Keiko

加賀妻工務店のスマホ版ホームページが出来ました!
http://kagatuma.heteml.jp/sp/
こちらも是非ご覧ください!