2013年02月25日(月)

LIXILからの表彰と大磯の現場

頂きました。
先日2012年・LIXIL秋のリフォームフェアで表彰されました。
特別賞とトイレ賞を頂きました。
  

 
     

 
いろいろな部門賞の中、何故か『トイレ賞』?で一番?と『特別賞』を頂きました。
うれしかったのですが、『トイレ賞』での一番とは!!ちょっと微妙な気持ちでしたが・・・
神奈川支店で一番は立派な事かな・・・
 
 
 
路地です。
うーん、狭い。さらに途中に電信柱があり何と道幅130㎝の現場です。
車は入って行けません。
もちろん現場に工事車両も置けません。
少し離れたところに駐車場を借りての工事になりますが、このような場所は開発業者も入って来れません。自然が残る一角です。 

   
     

   
   

  
 
 
    
 
現場は大磯町東小磯です。
大磯もここ数年でこんな奥の方までと思えるところまで、開発業者によってやまが削られ、ものすごい高さのコンクリート造りも擁壁がつながりアスファルトで道は固められ、上下水道を通され、宅地造成されて分譲されてきました。
大磯はかつて別荘地として栄えたまちです。
山と海に挟まれ、散策しても一日もあれば十分歩けてしまうほど小さな町です。
大磯にはかつて別荘地時代の面影を残す建物や路地、明治の元勲達が愛したお店が今なお静かに佇んでいます。
大磯はゆっくり散策が楽しめるまちとしてあって欲しい。
 
路地奥にあったふるい平屋の解体は終わりました。
これから時間を掛けて自然に囲まれた大磯に残る路地裏に、『あら、新しいお家が出来たのね』
そんな計画をしております。