2012年05月16日(水)

新しい仲間

高宮君です。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20991726_640.jpg
大学院を卒業して、工務店の設計部を希望して入社してきました。
1年前に
就職活動で山口県から加賀妻工務店の現場見学会を訪れました。
熱意と情熱を持った若者です。
 
松本君です(左)。と親方の岡野大工さん。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20991732_640.jpg
地元の高校を卒業して、大工になりたい、修業させて欲しいと訪ねてきました。
気持ちの強い若者です。
 
 
私は、彼らにチャンスを与えました。
彼らはチャンスを掴んだのです。
大きく、大きく育ってもらいたいです。
 
 
私が描いてきたこれからの工務店の理想像は、
しっかり自社で設計をする事、    続ける事    
しっかり自社で施工をする事、    続ける事    
しっかり自社で家守りをしていく事、 続ける事
 
そのすべてが出来る工務店になる事です。やり続ける事
お客様は、
私たちに、設計を依頼し、
私たちに、施工を依頼し、
私たちに、アフターメンテナンスを依頼するのですから、
 
家の耐久性とはそこに住まう人が誇りと愛着を持って不満を抱かずに暮らせる環境を作りだせるかどうかで決まる。そう信じている。
設備や家電はその次に来るものだと思っている。
 
設計は出来ているか、
施工は出来ているか,
メンテナンスは出来ているか!
それに対して日々努力を積み重ね、独自性の追求は出来ているか。
 
それらのことが出来てこそ、家づくりが出来る工務店の地力と信用だと考えている。
お客様に選んでいただける、工務店だと信じている。