2010年12月09日(木)

家の作り手を選ぶポイント

家の作り手を選ぶポイント
(自立した工務店を選ぼう・設計も大工も監督もメンテも自社社員で行う事)
.健康住宅という言葉に騙されないでください
耳障りの良い言葉、広告宣伝に騙されないで下さい。シックハウス問題や環境問題を知り真剣に取り組んでいる造り手は「健康・環境」という言葉についてはとても敏感です。
「健康住宅」「環境住宅」なんて軽々しく口には出しません、不健康にならない家・環境に配慮した家だと理解しています。
人に優しく環境に優しい家づくりを真剣に取り組んでいます。
.F☆☆☆☆しか使いません、安心ですはレベルの低い証拠です。
当たり前です、F☆☆☆☆以下の建材はありません。どこの造り手でも手に入ります。
Fスタ-はホルムアルデヒドのみに限られた事で他の化学物質についてどうなのかはまったく考慮されていません。
沸点は-21度の非常に揮発しやすい物質です。
「シンプルな自然素材」とは、「接着剤」「塗料」「殺虫剤」を使わないか、使ってもごく少量の接着剤が含まれる程度の建材と言う意味です。
これが最も安全性の高い建材で有ることは言うまでも有りません。
「健康な住まいを提供している」と自負する作り手、もしくは「健康的な住まいを提供したい」と考えている作り手において、その空気質(濃度)の結果を把握していないということは大きな問題です。
最低ホルムアルデヒド濃度は測定してほしいですね。
.快適な温度、自分の好みや都合で軽視するところは止めておく
努力や工夫した結果がはっきりしないので、真剣に取り組む力が沸いてこない・ほとんどの作り手は「結果」を確認していません。
必要最低限取り組むべきことは、断熱する意味を理解する。
熱損失係数「Q値=伝導による熱損失+換気による熱損失」÷床面積」
Q値計算を必ずおこなう事。Q値計算をしないところは温度に対して苦手な証拠です。
.全体の事を説明しない会社には頼まないほうが良い。
何かを強くアピ-ルしたい会社は、自信のない話しは避けて通ります。
家に求められる事の全体を説明せず、アピ-ルしたいところだけ強調します。バランスが悪すぎます。
家はト-タルバランスです。設計も外注、樹の家を頼んだのに大工さんも外注、営業だけなんてところがほとんどです。
樹を加工したり、家具を造ったり、残った資材を管理保管している場所も見せてもらいましょう。
.急がせるところは止める。怪しいです。決めるのはあなたです。
どんなプロも早く契約したいと思うのは当然です。
しかし本当にお客様の事を考えプロとしてのプライドと責任感を持ったところであれば時期が来るまでじっと待ちます。
仕事が少ない、お客様思いでは無い、お客様に知識がないうちに簡単にまとめてしまおうとします。結果追加工事が沢山出てきます。
家づくりに失敗したと言っている場合のほとんどがあせってしまったというのが原因でしょう。
全体のスケジュ-ルが「敷地調査・基本設計・工事完成引き渡しまで」短期間でできるという思いこみがあるようです。
.見えないところを重視するところに頼む
内装や外装をしてしまえば壁や床の中は見えませんが、実は基本的な性能というのは見えなくなってしまうところで決まって来るのです。
耐震性や断熱性や耐久性という非常に大事な性能は
「完成してから見えている所ではないのです。」
こうした事を大切にするプロは、特に見えなくなるところについて丁寧に説明してくれます。
構造見学会も開催しています。構造見学会を行わないところは避けましょう。
.解りやすい言葉で説明してくれるところを選ぶ
説明する側が本当にその言葉の意味を深く理解出来ていなければ説明は出来ません。
理解出来ていれば嬉しくて沢山話してくれます。
本当に建築が大好きな人はいろいろな事を沢山深く良く知っています。
例えばホルムアルデヒドの基準値、そして定義も質問してみて下さい。
これくらいは知っていて当たり前の事です。
.実際に使う建材を見せないところはダメ
高くなり、敬遠されそうな物は業者は見せずらいです。
プロで有れば材料の善し悪しは解っています。
ほとんどの業者は建材の断面を見せる事はしません、本気でシックハウスの事を考え、ニセモノではない建材を使っている造り手であればきちんと断面も確認できるサンプルを見せるはずです。木は自然素材です。
バラツキも有り、色も違うし節の数も違う、乾燥が不十分なものもあれば、強度が足りないものもあります。
特に、この「乾燥具合」と「強度」がとても重要です。
木の家における木に関するほとんどのトラブルはこの二つの性能が不十分で有ることで起きています。
珪藻土や漆喰はサンプルをライタ-であぶるとツンとくる臭いが出る物も有ります。
.建材の出所や成分が解っているところは信頼できす。
人任せで興味がない無責任の証拠です。環境を破壊している建材では無いか?
ホワイトウッドのウッドマイルズや原生林の破壊を知っていれば、出所がはっきりしない物は避けます。左官材料や塗料や接着剤は成分表を確かめ、ニセモノでは無いか確認しているのか確かめて下さい。
.経験と科学のバランスが取れたところを選ぶ
かたよらず、広い視野で良く勉強しているところを選んで下さい。実測デ-タを取って数値で見せてくれるところは安心出来ます。空気や温度の実測デ-タ-集めは根気がいります。
環境や人に優しく、性能に大きな欠点をつくらない家づくりをしているプロは、経験と化学とのバランス感覚に優れています。
雰囲気だけで飛びつくのではなく、きちんとその性能についても納得できる説明をしてくれるところを選びましょう。
.要望や健康状態をしっかり聞くところに頼む
一緒に造りましょうの姿勢の証拠です。
時間を掛けてくれる真面目な造り手です。
まともな注文住宅を造っている会社は、まず施主の要望をじっくり聞くはずです。
.ずっと先まで面倒を見てくれる作りが手が良い
真面目な造り手というものは、「家を設計する」事「家を造る」事「家を見守る」事が出来ています。
3つが出来ていてこそお施主様思いの真面目な造り手の証拠です。
「家を見守る」という思想をしっかりと持っているのか、そんな思想技術をもったところでないと、自分たちの家をきちんと守ってもらえません。
アフタ-メンテのスケジュ-ルや管理メンテシ-トをしっかりつくって保存しています。
見せてもらって下さい。
何も無いところは駄目です
.感性が合わないところは止めておく
無駄な労力と時間の無駄です。作り手もやりたくないこともあります。うまく行きません。
営業マンの笑顔に騙されないで下さい。
大抵の営業マンは歩合制で働いています。
真面目な造り手は造りたい物へのこだわり方向性があります。
基本的な事は事前に勉強をしておく事
シックハウスや断熱や気密や結露の事、基礎や通気の作り方、設計や大工さんの事
現場管理の事、アフタ-メンテナンスの事、ある程度は自分たちで答えを持っておいて下さい。素人だからでは駄目です。説明する方も気合いが入りませんし、どこから話したらよいか解りません。あなたが質問をして、説明を聞いて、その答えが、金太郎飴のごとくどこから切っても金太郎の顔が現れ、『ウン!そうだ、ウン!そうだ』の連呼が沢山出来る事は大事なことですし。良い造り手に巡り会う大事な事です。よりいっそう家づくりが楽しくなります。造り手と共感が持てる家づくりが出来ます。
.家づくりを楽しもう
注文住宅を建てると言うことは最高の贅沢だと思います。
オ-ダ-して何かをつくる、ということがあまりなくなってきた時代において、自分たちが生活する家に自分たちの夢を描き、それを具体的にしていく、という作業はその金額の大小に関わらず、とても贅沢で素敵な物だと思うのです。
これを楽しまない手はありません。
何事も初めが肝心です。
ボタンの掛け違いはなかなか旨く元には戻りません。
ボタンの掛け違いは大きな不幸を招きます。
自分たちで考えるべきところは考え、しっくりくるプロと一緒に家づくりをすれば大きな喜びを得る事が出来ます。
家づくりは楽しんで下さい、きちんと考えて家づくりをすれば、それは、自然と人や環境に優しい家になるのです。
安心して任せて、毎日現場を覗いてみてください。
大工さんに大工の仕事、左官屋さんに左官の仕事、水道屋さんに水道の仕事、職人さんと沢山話をして下さい。
とっても幸せな気持ちになれるはずです。
最後に一言・不思議な事ですが、楽しんで家づくりをした人の家を見たとき、そのことが家から伝わってきて、すごく幸せな気持ちになります。
そんな家をぜひ建ててほしいと心から思います。
わが家のだんご3兄弟は、とても仲良し兄弟です。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20991402_640.jpg
今日はお兄ちゃんの試合前の練習に長女がおつき合いでした。
川崎ジュニアどこまで勝てるかな?!
カレンダ-が残すところ1枚となった、
今年も沢山の良いお客様に巡り会えた1年でした。
大工さん達も仕事が切れることなく
心穏やかに1年過ごせました。感謝です。
↓↓↓ ■■■ 完成現場見学会のおしらせです お気軽にご参加ください ■■■ ↓↓↓
1月15日(土)16(日)二宮「空と海を望む丘の上の家」完成見学会を開催します。
同会場にて15日(土)家づくりセミナーを開催いたします!(参加者募集中)