2005年03月16日(水)

原則3・自然素材の家は高い?(05.03.16)

・・・高いです。国産の樹は高い本当はこうしたもを沢山使いたいのでが予算の事があって・・・!
こんな考えを持っている人が本当に沢山います。でも、私にすれば(家の大きさや部屋の広さを本当にちゃんと考えてみたの?!と言いたくなることが非常にあります。リビングは18畳ぐらい、子供部屋は6畳、お客様が来たときの客間の和室8畳、2階にも洗面化粧台、ウオシュレット、玄関も広く、窓も多く、天井も高く、どこのモデルハウスに行ってもこうしたことは常識とされ、この常識に従ってまず、家の大きさを決める人が沢山います、家の大きさと予算がまずありきでだから【坪当たりいくらでないと建てられない】とか、坪いくらと言うのです。
私はいつもリビングは広めで、小さな家を提案します。素材、断熱、収納家具に、新築の相談を受けていると、自分を追い込んで苦しんで家づくりをしているとしか思えないひとがいます、あまりにももったいない話です。家づくりは楽しむ為にあるのですから。