2005年02月21日(月)

原則2【F☆☆☆☆しか使いません】はレベルが低い証拠(05.02.21)

建築基準法が改正され、シックハウス対策が盛り込まれました・「この法律を守りさえすればシックハウス対策は十分」と世の中が思ってしまうのは怖いことです。「F☆☆☆☆建材」しか使わないとアピ−ルしているところが沢山現れています。ホルムアルデヒドがまったく出て来ないのではなく・あくまでも「出て来る量が少ないもの」なのです。厚生労働省は室内濃度指数値というものを発表していて、それには13種類の科学物質が指摘されています。今回の基準法改正ではこの中のホルムアルデヒド・クロルピリホスだけが規制の対象になりました、つまり11種類の化学物質に対しては規制されていないのです。建材をF☆☆☆☆にしてもすべての化学物質が出てくる量が少ない訳ではないのです。温度が上がれば揮発量もぐんと増えます。床暖房の下地合板、屋根の下地合板、特に注意して下さいネ!真夏の小屋裏は特に危険です。・・・・
先日19.20の見学会はあいにく雪も積もりとても寒い日でした・見学に訪れた多くのお客様より、床暖房ですか?と聞かれました、・・いいえ、断熱効果と蓄熱暖房ですと言うと皆さん驚いて今した床はもちろんムク材28㎜です。・・・合板のフロ−リングは足の裏の熱を奪う為冷たく寒いのです。ムク材は大丈夫です!!

2005年02月09日(水)

独り言(05.02.09)

独り言・・・【本当にいい家を作っているのか!間違ったものをお客様に勧めていないか・よけいなお金は頂いていないか・性能はどうだ・】・・先日、実に久しぶりに共感を得る後援会に巡り会えました。つい普段やらない名詞交換までしてしまいました。・・小さな300円の冊子を購入させて頂き、うん!うん!まったくそのとうり、私がいつもお客様に一生懸命話す内容と同じだ−と非常にうれしくなりました・タイトルは(自然を愛する人の家づくり15の原則・)という冊子です。野池政宏さんです。書店にはありません。家づくりの原点を建築家や工務店でもない人が良く解っているな−と本当に関心しました。少し紹介します。
原則1・・健康住宅という言葉にだまされるな・「健康住宅」という言葉を使ってアピ−ルしている工務店やハウスメ−カ−にろくなところはない、・・シックハウス問題に真剣に取り組んでいる人は(健康)という言葉について深く考えています。シックハウス対策を施した住宅に住めば[健康]になるのではなく、(不健康になることを防ぐ)ということだと理解している訳です。(健康住宅っておかしいよね、本当は不健康回避住宅だよね、でもこんな言葉じゃ誰も仕事を頼みに来ないよね)と言うようなことを話しています・言葉を大事にしない会社は家づくりも安易な姿勢がある。・続く・