2015年02月28日(土)

カネピタ!

皆さん建物の正確な位置を、どうやって出してるかご存知ですか?
建築の着工でまず最初に行うのが、遣り方工事もしくは丁張りと呼ばれる工事です
DSC02036.JPG
写真のように木で囲まれたの見られる方も多いと思います。
これで、基礎の高さと建物配置を正確に出しますが、木で囲まれている板(貫と呼びます)は
建物のように正確に90度ぴったりではありません。地縄を目安に大体四角く作業を行って
いるだけです。
「それじゃ基礎正確に出せないじゃん」とお思いでしょうが、そこでカネピタ登場です!
d0d9b1a8-s.jpg
これがカネピタです!。先端からステンレスの触覚が二本出ています。それを延ばして使います
134328_1.jpg
DSC02033.JPG
実際使うと、ポイントとしたところで、90度ぴったり!(矩ぴた!)
今では、トランシットなど精密機械もありますが、使わなくても正確に出すことが出来ます。
これを基準で今後の工事を進めていきますので、触ったり、動かしたりしないようにお願いします。
<<<<吉村政弘>>>>

2015年02月23日(月)

匠の会スキルアップ研修会

先週、匠の会会員社の現場を見る機会がありました。
なかなか他の工務店やビルダーの施工中の現場を見る機会はないのですが、
当社との違いや、他の方の考え方など参考になることがたくさんあり、勉強になります。
DSC01991.JPG
工事自体大まかには変わりありませんが、使っている金物やサッシの雨仕舞い、屋根の納まりなど
の違いがあります。
DSC01994.JPG
工務店だと他の監督と悩みや収まりなど意見交換できる機会がまったくないのですが、
私どもはサレックス、匠の会、OMの会議などあるため、とても役立ってます。
今後も積極的に参加出来るようにしていきます。
<<<<吉村政弘>>>>

2015年02月10日(火)

労働基準局パトロール

現場に向かっていると、大工さんから「労働基準局が来てる!」と電話が・・・
大工さん初めてだったみたいですが、地域ごとの監督署が抜き打ちで
安全パトロールにたまに来ます。
DSC01914.JPG
最近災害が多くなっていることから、各地域廻っているそうです。
image-0001.jpg
チェック事項は、一般管理事項、足場、脚立、荷揚げ、電動関係などにわたります
特に事故が多い部分を重点的にチェックします。
足場部分は特に厳しくチェックしていきます。
新年会で発表したポイントがほとんどでしたので、
今後も安全については、会議で注意を促していきたいと思います。
<<<<吉村政弘>>>>