2014年10月25日(土)

セントリコン巡回

今鎌倉で工事行っているI様の表では、1年半前にお引き渡したT様のお宅があります。
私が、大工さんと打ち合わせしていると、セントリコン担当のY氏が通り、
T様宅のセントリコンチェックに来たとのことで、作業について行きました
DSC01117.JPGDSC01118.JPG
埋まっているセントリコンをひとつずつチェックしますが、デッキ下だと潜って確認しなければ
いけないので、とても大変そうです。
DSC01119.JPG
最後にチェックシートに記入して、完了です。

2014年10月11日(土)

早めの対応を!

週末から来週にかけて、また台風が近づいています。
早めに対応しましょう!
特に吹き飛びそうなものなどは、家にしまうなどは分かると思いますが、
危険なのが、FRPの防水をしたバルコニーです。
日ごろのごみや枯葉などがドレンに詰まっていると、水が流れなくプール状態になります。
DSC00929.JPG
ドレン
DSC00931.JPG
中を見ると、枯葉などが結構詰まっており、急激な大量な雨だと処理できません。
詰まっている場合は、長めのスプーンなどでかき出すか、細かい泥などは、排水の針金(100均などで売ってます)で押し込むなどしてください。 ホースがあれば洗い飛ばしてもいいかもしれません。
とにかく、バルコニーに水が溜まっている場合は、危険なので、ドレンを棒で突いてください。
また、流れた雨水はたいていのお宅では、雨水浸透枡に溜まります。
DSC00915.JPG
雨水枡(白いふたの物)
DSC00914.JPG
ふたを開けると大きな石が入っています。 
そこを良く見ると、泥や砂などが結構溜まってきます。
そのときは、石や泥・砂を取り出し、石に付いた汚れは洗い石だけ戻しましょう
(石の下の泥もなるべく取ってください)
普段の雨でも枡の蓋からあふれる場合は上記のクリーニングすると良くなります。
ただ今週の台風の雨だと処理しきれないので、蓋を半分開けて、蓋に重しを置いておくと
良いと思います。(ただ、穴に落ちて怪我しないように注意し、雨が引いたら速やかに元に
戻しましょう)

2014年10月06日(月)

台風18号のあと

皆様今日は午前中大変でしたね。
会社の周辺道路は、冠水でどこも通行止めになってしまい、
陸の孤島状態になってました。(毎回なんですが・・・)
各現場に行けるのが11時過ぎになってしまいました。
台風などの天災があると、現場の予定が全部ストップに
なるので、とても憂鬱です。
岩本・吉村とも、各現場確認してきました。
どこの現場も大きな被害はなく、影響ございませんでした。
工程等にも影響せず工事進行できると思います。
ご安心ください
引き続き台風19号が来ております。
警戒して現場廻りたいと思います。

2014年10月03日(金)

Please listen

住んでから、数年から10数年で多いのが水漏れです。
また、水漏れの中でも、使う頻度が多いキッチン水栓からの水漏れが
多くなります。
全般的に、水栓のパッキンは10年持てば良い方と考えたほうが良いです。
(早いと3年くらいで駄目になりやすいです)
DSC00843.JPG
特に危険なのが、水栓のヘッドが延びるシャワー水栓です。
パッキンやホース部分が劣化して水が漏れると、
その部分は、水栓本体を伝ってシンクの下に漏れます。
DSC00844.JPG
漏れた水は、通常写真のようにタンクもしくは受け皿に溜まりますが、このタンクは、シャワーホースを
延ばして使ったときに伝った水をためるものなのですが、水漏れだと溢れて床の方に流れ込みます。
水周り特に、洗面・キッチンシンク下は、毎日覗くようにしてください。
もし漏れが発見したら、まずA部分のハンドルを回して留めれば、水漏れはとまります。
(もしくは、マイナスドライバーで回すタイプもあります)
わからなければ、外部の水道メーター部分を留めましょう。
保証外で緊急対応だと、余計な費用も増えてしまいますので、日ごろのチェック忘れずに行ってください
DSC00809.JPG
鎌倉の現場近くにいるリス・・・
Please listenでした