2011年10月29日(土)

木工教室

今週木曜日に、今年1回目の小学生の木工教室を行いました
DSC02802.jpgDSC02806.jpg
大工さん、社員で小学校にお伺いしました
DSC02816.jpg
大工さんの実演も行います
DSC02837.jpgDSC02839.jpg
カンナの練習、ノコギリの練習、釘打ちトントンと行って、
あとはお楽しみの自由工作です。
DSC02833.jpg
上手に動物作っていますって、これは大工さん作
DSC02846.jpg
DSC02853.jpg
小学生もも負けていません。 ロボットにお家に、マシンガンまで
すごいです。
DSC02880.jpg
後日、お礼のお手紙集を生徒全員から頂きました。
DSC02881.jpgDSC02884.jpg
みんな大工さんに対して感謝の言葉が沢山有りました。
大工さん、社員ともボランティアです
大工さん今忙しい中ご協力頂き本当に感謝です。
来月もあります。宜しくお願いします

2011年10月21日(金)

セルロース断熱材・・・

最近セルロースの断熱材も、種類・施工会社が増えてきました。
当社では、ずーと一貫してマツナガさんです。
施工密度は、60±5kg/㎡と、セルロース断熱材の施工会社の中でもトップです。
CIMG6438.jpg
実際触ってもらうと分かるのですが、ふわふわと言うより、「固い!」と感じます
通常これだけの密度が有ると、間柱より出ていると、石膏ボードを取り付けることが
出来ません。 
そこで間柱の内側にシートを貼ってくれています。と言う話は、以前ブログのせました
その内容が・・・
マツナガさんのホームページで採用されています。
img_2_2b_01.jpg
このページの・・・
bnr_blog.jpg
マツナガさんホームページ内の上記ボタンを押すと、以前書いたブログが出てきます。
下記をクリックして、セルロースの違いなども一緒にご覧ください!!
マツナガホームページへ

2011年10月13日(木)

ニューヘルメット

高所作業など、危険から頭を守るヘルメット・・・
実は、ヘルメットの材質により、耐用年数が決まっています
だいたいのヘルメットは、3年です。
事故が起きないと、安全にたいして、職人さんも疎くなってしまいます。
工務店の方で、定期的に安全講習会やヘルメットの交換などで、
安全意識がなくならないように促しています。
そこで今回新たにロゴから造り替えました。
CIMG6600.jpg
旧ヘルメット
CIMG7204.jpg
今までより明るい感じになりました。
熱中症対策のため、前からも風が入り再度から抜けるヘルメットになっています
(結構ヘルメットは、熱がこもりやすく熱中症になりやすいのです)

2011年10月05日(水)

留め加工

和室など部屋の四隅部分の廻りぶちは、材が45度(斜め)に取り合っていますよね。
この納まりを留め(とめ)と言います。↓
CIMG7235.jpg
洋間などの薄い材で有れば、そのまま小口を斜めに落として会わせれば、ピッタリくっつくのですが、和室の場合、廻りぶちの寸法が大きく、壁がまっすぐではないのと、釘を化粧面に打つわけにはいかないので、そのまま斜めに切って付けると、必ず
綺麗に付きません。 
そこで下記のように加工して接合しています。
表面では分からないところで、大工さんは手間暇掛けています。(感謝)
CIMG7236.jpg
外したところ
CIMG7237.jpg
裏側
CIMG7238.jpg
入り隅側面
大工さんが、弟子に教える為に作った物を撮りました。
ちなみに留め部分が隙間が空くことを{笑う」と言いますw
(YOSHI)