facebook
作品ギャラリー

よくお問い合わせをいただくご質問にお答えします。

Q1. 加賀妻工務店と他社との違いは何ですか?
A. 加賀妻工務店では、社内に設計部があり、4名の一級建築士がプラン打ち合わせからカラーコーディネイトまで、お客様と一緒に家づくりを行います。施工においても自社大工を育成してきております。   
>設計の考え方を詳しくみる

外注(下請け)には出しておりません。設計 + 施工 + アフターまで社内できちんと対応出来る独立した工務店です。  
> 加賀妻のつくり手たちを詳しくみる

経営状態も良好です。借金は有りません。無借金経営をしております。  
> 財務諸表をみる

Q2. 完成までどのくらいの工期がかかりますか?
A. 条件やその時の状況にもよりますが、40坪程度の住まいで概ね以下の日程でお考え下さい。設計の期間は十分とって下さい。

■基本プラン作成/約3ヶ月
■実施設計/約3ヶ月
■見積もり調整期間/約1ヶ月
■施工期間/約6ヶ月

Q3. 建築費用はどのくらいですか?
A. 本体工事は坪当たり60万円~程度でお考えください。
その他付随工事費用として、以下の費用がかかります。(本体工事には、断熱工事・衛生器具・キッチンが含まれています。)

■設計コーディネート料/工事費の5%~(規模による)
■特別仕様工事/造り付け家具、ロフト、特注木製建具、ソーラー工事など
■外部付帯工事/屋外設備工事、デッキ・バルコニー、車庫、外流しなど
■外構工事/アプローチ工事、植栽工事、整地工事など
■公共料金/消費税、役所公費、水道加入金、地盤調査及び建物保証保険料など
■その他/屋内外物干し、居室、照明器具、カーテン・ブラインドなど

加賀妻工務店では、広告宣伝費を出来るだけ掛けないように営業しています。
広告宣伝費は、ハウスメーカーさんのような住宅展示場・折り込みチラシなどは代表的な例ですが、
雑誌の掲載なども費用がかかり、数百万~数千万円かかります。
お施主様へのお見積り提示金額に、出来るだけ広告宣伝費を含めないように、
ホームページ、Facebook やお問い合わせを頂いたお客様への見学会のご案内の送付などにより営業を行っております。

Q4. どこまで無料で相談にのってくれますか?
A. 敷地調査、要望のヒアリング、ラフプラン作成までは費用はかかりません。建物を見て気に入ったとしても、決心するまでに至らないことは誰にも良くあることです。話し合い、人を見て、プランを見て、納得して依頼することをお勧めします。

ご要望があれば概算見積もりを作成します。

Q5. 正式な依頼の意思表示は、どのタイミングですればよいですか?
A. ご自分が納得した時点でお返事をください。加賀妻では営業のための訪問はしません。そう、決めるのはあなたです。
お返事頂いた時点で設計契約を結ばさせて頂きます。

Q6. 技術的なこと、仕様的なこと、専門的な質問はどうすればよいですか?
A. 当社へお越し下さい。加賀妻のこだわりの基礎コンクリートの品質、木材の品質、断熱・気密・通気・結露対策・防蟻・構造の考え方について、じっくりご説明いたします。
> 加賀妻仕様の現場技術・図解を詳しくみる

室内温熱環境についてや空気環境を計測したデータもあります。不安を解消して下さい。 
>気密性能試験結果の例(pdf)をみる *10年ほど前の測定データです。

Q7. 土地探しもできますか?
A. 信頼している不動産業者をご紹介します。信頼している不動産業者に、広さ、場所、予算などを提示して土地を探します。

お客様自身も不動産業者に依頼して下さい。候補地について、建築の専門家として、地盤の良し悪しや素人の方では気づかない利点や欠点についてアドバイスします。
>土地探しを詳しくみる

Q8. 仕事のエリアを教えてください。
A. 現場まで1時間半位で、湘南エリア(横浜~小田原)がひとつの目安です。現場までの距離は、つくり手にとって重要なことのひとつと考えます。

工事中は何が起こるかわかりません。緊急体制とお引き渡し後のメンテナンスも考えた時に私たちが責任を持てる範囲は、現場まで1時間半位で到着できることを目安に考えています。その位の範囲には必ずいい工務店があるはずです。

Q9. メンテナンス体制を教えてください。
A. 家がある限りお付き合いがあると考えます。完成引き渡しから6ヶ月後、1年後、2年後、3年後、5年後、10年後、13年後、15年後、20年後に点検をさせて頂きます。その後は随時要望に合わせて行います。

6ヶ月後・1年後・2年後は担当工事監督、3年後・5年後・10年後はアフター専門担当がお伺いします。当社からその都度往復ハガキを出させて頂いております。ご都合の良い日をお知らせください。

自分たちの設計した建築がどのように使われているか、当初の性能を確保できているかを確認したり、技術的な耐久性の検証をすることは私たち技術者にとって大切なことであり、永く使い込まれる建築とは何かをいつも追求しています。  
>加賀妻の家守りについて詳しくみる

Q10. 設計施工のメリットを教えてください。
A. 設計と施工は分離がよい?設計者と施工者は独立していた方が良い建物が出来るといわれる人もいます。確かに住まい手、設計者、施工者がお互いを理解し合い、尊重できる関係であれば、良い建築が出来るような気がします。

しかし、現場で造るのは職人です。職人がいなければ成り立たないのが建築であり、加賀妻では真のつくり手(職人)が住まい手のために技術を発揮する環境を作ることも仕事のひとつと考えております。

加賀妻工務店の使う材料・技術を知って、それを生かす設計をすること、設計施工でしか出来ない技術、デザインの蓄積は加賀妻の財産であり、設計事務所には無いものだと考えます。

派手さはありませんが、真に豊かな空間、一元的な要求にもびくともしない建築を、加賀妻の蓄積された技術が支える、そんな家を目指します。






pagetop