2009年09月05日(土)

家具づくり

社長の提案で加賀妻工務店オリジナル家具作りが始まりました。
まず最初にオリジナルキッチンのを考えています。
通常はメーカーの既製品を使うことが多いのですが、これは違います。
仕上げ材はもちろん、金物など細かい部品ひとつひとつも決めていきます。
機能はもちろん、デザインにも凝ったいいものができるように、検討していきます。
新築のお客様はもちろん、リフォームのお客様にも、「加賀妻工務店のキッチンがいい」と言ってもらえるようなものを作っていきたいと思います。
今後は、洗面台や椅子・机なども考えていきます。
近いうちに、このホームページで発表したいと思いますので、楽しみにしていてください。
DSCN6294222.jpg
m.shirota

2009年08月11日(火)

原点2?

 いや~今朝の地震、ビックリしました!
台風を警戒していたはずが、地震に飛び起きました。
ここのところの地震、台風等の自然災害。
そんな災害の中でも、ひとつの季節の様になってきた連日の集中豪雨。
本当、心配な日が続いています。
 そんな雨の時、多少なりとも重宝するのが軒下空間。下の写真は、先日、上棟した家です。
itou.%E6%A8%A1%E5%9E%8B.jpg
itou%E4%B8%8A%E6%A3%9F.jpg
出掛けた日は暑い日でしたが、中で腰掛けると風も抜け、何やら懐かしい空間になっていました。
ここの住いは軒下空間や庇を設けた、真壁の昔ながらの造り。
それがそうイメージさせたのかもしれません。
ここはやはり原点に帰り(前回に続き又原点?何やらちっとも先に進んでないみたい?)
軒の出の大きな、庇のある住いがいいのでは、と考える。
雨がかりを少なくし、外壁を守る軒、夏の日差しを遮り、冬は取り込む庇。
縁側空間や土間空間、地窓や障子等々。
そんな昔ながらの知恵に、今の新しい素材や技術を加えながら家造りをしていくのがいい。
そしてそれを客観的に評価するツール(性能表示・CASBEE・自立循環型住宅等)も利用して。
自然を感じ、共生できる住いが、人間一番幸せを感じるのでは?
しみじみ感じている今日この頃の私です。   (板)

2009年08月04日(火)

住宅・建築物省CO2推進事業

先週の木曜日に平塚のI邸にて地鎮祭を行いました。
RIMG4499%2B.jpg
OMソーラーのお住まいです。
外壁はガルバリウム鋼板角波葺き、内部は床・壁・天井全面杉板張りです。
完成が楽しみです(イメージ図)。
20090804I%E9%82%B8%EF%BD%BD%EF%BD%B9%EF%BD%AF%EF%BE%81%2B.jpg
さて、
OMソーラー株式会社で、
「住宅・建築物省CO2推進事業/戸建工務店対応部門」にプロジェクト提案を行い採択されました。
申請準備をしています。
この事業は、OMソーラー株式会社が家庭部門・業務部門のCO2排出量が増加傾向にある中、
省CO2実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを、国が公募によって募り、
予算の範囲内において、整備事費等の一部を補助するものです。(OMWeekly119号より抜粋)
OMシミュレーションに加えて、断熱は次世代省エネ基準(Q値(熱損失係数)計算)、
CASBEE戸建のAランク以上など、色々条件がありますがクリアできています。
申請して受けれればと思います。
20090804CASBEE%2B.jpg
高橋

2009年07月24日(金)

社内検査を行いました

この物件の設計はとある設計事務所によるものです。
加賀妻工務店の設計とは違い、これもまたおもしろい!
このお宅は中庭に大きいデッキを設けそれに面してそれぞれの部屋があります。
リビングも子供室もキッチンもお風呂も!
ここは屋内?屋外?  どちらもあり!?
リビングからデッキを通って各部屋へ!
お風呂から出てデッキと通ってリビングへ!なんてこともあるのでは・・・?
いろいろな家族がいて、それぞれの生活スタイルがあります。
それぞれの家族に合った空間をつくりたいと、改めて思いました。
DSCN6164.JPG
私が思う、生活しやすい間取りのひとつに『シューズインクローク』があります。
このお宅にもありました。
玄関脇にシューズインクロークがあり、これはとても使いやすい収納スペースです。
女性なら分かると思いますが、靴は増える一方です。玄関ホールに下駄箱を設けた
だけだとそのうちいっぱいになり入りきらなくなってしまいます。
入りきらなくなった物はどこに?クローゼットの中ですか?
しかし、土の付いた物を部屋の中に入れるのは気が進みません。
そこで、こういったスペースを設けることにより、靴だけでなく、傘やレインコート、
アウトドア用具など、部屋に持ち込みたくないものを収納しておけるのです。
玄関脇にこういった収納スペースを設けるだけで、普段の生活が快適になると思います。
DSCN6176.JPG
監督、業者さん、スタッフ達と
m.shirota

2009年06月27日(土)

美しさを求めて

ディテールってご存知ですか?
部分の詳細のことをいいます。
加賀妻工務店では今弊社オリジナルの「ディテール」を作っています。
設計士、現場監督、職人達と実際の現場を見て、部分部分の納まりや先のメンテナンスの事を考えつつ、
空間としての美しさを検討しています。
住宅とは日常であるので、特に目立ったものではなく、さりげなく当たり前にあるものも
大切だとと思います。
そうした空間を作るために、これからもあたり前のものに対しても
ディテールにこだわり、心地よい・美しい空間を求めていきます。
FSCN6070.JPGFSCN6071.JPG
m.shirota

2009年06月12日(金)

原点?

 長持ちする住いを造りましょうと、6月4日から長期優良住宅がスタートしました。
とても良いこと、うれしいことです。
使う材料とか工法など、ハード面の事は当然なのですが、住む人の気持ちの方が
大きいのでは?
なんてことを、そう言えば昨年の夏の200年住宅セミナーの時も言ったなーと思い出す。
 住まいはどうあるべきか?悩み多い今日この頃です。
そんな時はまず原点に!! とお勧めしたい本。
吉村順三さんの「火と水と木の詩」。 緑の見える場所でどうぞ。
その中からちょっとメモ書。(電車の中でのメモなので、言い回しが少し違うかもしれません)。
「生活のしかた、無理してはいけない、させてはいけない。
自然に、毎日の行動から基本に帰り、そこから設計していく・・・」
「巾木をなくすのもいい。が、そこに暮す人がそれに対応できる生活をしているのか、
できるのか、確認して・・・」
そして最後に「日本の気持ちからでたものを造る。簡素でありながら美しい・・・」
などなど。   さっ、また明日から考え考え、手を動かそう。
         Cozyな住まいをめざして!!     (板)
%E7%81%AB%E3%81%A8%E6%B0%B4%E3%81%A8%E6%9C%A8%E3%81%AE%E8%A9%A9HP.jpg

2009年06月07日(日)

2棟連続!

先日、藤沢辻堂にて、2棟連続のお引渡しがありました。
実は、ご両親のお宅と娘ご夫婦のお宅をお隣同士で同時に建てていました。
ご家族全員でのお打合せや色のコーディネートなどを経て、現場監督もボリュームがあり
大変そうでしたが、無事お引渡しできました。ありがとうございます。
 <T邸> 有川大工、岩本監督
RIMG4107.JPG RIMG4104.JPG
 <N邸> 近藤大工、岩本監督
RIMG3745.JPG RIMG3752.JPG RIMG3757.JPG
お住まいになられてから、LDとの雰囲気を合わせたいとのことで、
TV台・PCカウンターを造作家具でとのお話も頂きました。
ありがとうございます。
また、お邪魔させていただきますのでよろしくお願いします!
外構もありますね。
高橋一総

2009年05月29日(金)

社内検査

大磯町I邸の社内検査を行いました。
このお宅は、シンプルな間取りで、
リビング上部が吹抜けになっていて、開口がめいいっぱいとられています。
さらに、部屋からリビングへの開口も大きく、シンプルながら、広がりのある空間が出来てます。
image0001233.jpg
%E7%A4%BE%E5%86%85%E6%A4%9C%E6%9F%BB%EF%BC%92.JPG
↑↑↑↑↑
これは、お施主様の為に大工さんが造った踏み台です。
キッチンの吊戸棚などの上の物を取るのに最適です!
ちなみに、余った材料で出来てますが、何だかわかりますか?
・・・床材です!こんなに厚さがあるんですよ!!!
お施主様がこだわったやさしい無垢の床材で作った小さなプレゼントです。
image000232.jpg
m.shirota

2009年04月17日(金)

施主からの手紙

 あれはちょうど1年前の今頃。桜の木も葉桜になった頃のお話です。
何年ぶりかで「手紙」をいただいた。
何かの案内とか、企業のDMではもちろんない。
かわいい封筒に入った、素敵な文字(手書きです!)の手紙です。
それは、その1月ほど前に引渡しした施主(建築主)家族からのものでした。
 シンボルマークの丸窓(私がよく設計で使うもので)のように、
円満な家庭・・・云々の文字に、私は思わず目がうるうるしてしまった。
子供たちのロフトで遊ぶ姿や、大切に掃除してくれている様子が目に
浮かぶ言葉もありました。
 私のたから箱に又ひとつ、大切なものが増えました。
本当にありがとうございました。何よりの言葉を頂きました・・・・と
返事を書こうとペンをもった。
が、しかし続く言葉がでてこない。漢字も忘れている。
辞書片手に下書きし、便箋1枚書くのに半日かかってしまった。
なんとも、なさけない話しです。
 そんな話しを、営業のYさんに話したら、貴重なアドバイスを頂いた。
「それはまずパソコンで下書きし、それを便箋に手書きするといいよ~」と。
あ~と納得!!(笑)     
(追伸)もう1年点検ですね。又お伺いします。
    今後共、よろしくお願いします!

2009年04月13日(月)

見学会行いました

今回は、
藤沢羽鳥の家(M邸)、葉山長柄の家(K邸)の2棟が完成しました。
また、見学会を行わせていただきました。
ありがとうございます。
<藤沢羽鳥の家(M邸)>・・・沓沢大工、吉村監督
RIMG3494.JPG  RIMG3515.JPG
RIMG3531.JPG
<葉山長柄の家(K邸)>・・・鈴木明宏大工、岩本監督
RIMG3650.JPG  RIMG3681.JPG
RIMG3666.JPG  RIMG3656.JPG
高橋一総