2014年11月30日(日)

大磯W邸お引き渡し

先日、大磯W様にお引き渡しをさせて頂きました。
お引渡し時には今後のメンテナンスの注意点や設備機器の使い方等一通りご説明させて頂きます。
%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E8%AA%AC%E6%98%8E.jpg
いつも設備機器でお世話になっている業者の方より、レンジフードのお手入れの説明中です。
W様のご厚意にて開催させて頂いた見学会。
来て頂いた全員とはお話はできませんでしたが、OB様も来て頂いたとのこと。
加賀妻で家を建てて頂いた後も気に掛けて頂いていることに感激しました。
私達にはショールームがありません。W様をはじめ、お引き渡し前に見学会をさせて頂く皆様。
お引き渡し後もOB見学会や取材等、快く引き受けてくださる皆様にはいつも感謝です。
最後に天気の良い日に撮った何枚かの写真です。
%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg
左がK様宅、右がW様宅、板壁と白い左官壁のコントラスト。
%E5%BB%8A%E4%B8%8B.jpg
玄関からリビングへ、梁がスーッと伸びます。障子と庭木は相性バツグン。障子越しの影も素敵です。
%E5%90%B9%E6%8A%9C.jpg
大きな吹抜です。音楽もよく響きそうです。薪ストーブに火が入るのが楽しみです。
%E9%9A%8E%E6%AE%B52.jpg
今回は「杉に包まれた家」ということで階段も杉です。足ざわりが良い杉ですが、柔らかいのでいつもより厚くしてあります。
高宮

2014年11月19日(水)

構造勉強会と木工教室

昨日は構造の勉強会へ。
講師は山辺豊彦先生です。
伝統工法から最近の金物を使う方法まで、木構造といったら名があがるくらい業界では有名な方です。
RC造やS造の構造は単純です。均一に柱・梁を
配置すれば大空間もできますが、木造の構造は色々な部材を組み上げて作り上げます。
『木』という材料そのものにも難しさがあります。
 
昔は大工さんの経験や感覚で決めていた柱や梁の大きさは、今では実験結果や計算により根拠を出して決める事ができます。
  
意匠と構造を同時に考えて進めていくのは難しい反面、木造の面白い部分でもあると思います。
__%201.JPG
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
今年は茅ヶ崎市内3校の小学校へ木工教室のお手伝いに伺いました。
今年最後は松浪小学校です。
IMG_1994_640.jpg
IMG_1773_640.jpg
 
3つのパーツを組み立てて、『鉛筆たて』を作りました。
IMG_1998_640.jpg  IMG_1999_640.jpg
 
 shirota

2014年11月12日(水) 2014年11月10日(月)

東小磯の家 11/16(日)見学会を行います

東小磯の家 11/16(日)見学会を行います
ぜひお越しください。
「おおらかに暮らす。T字の住まい」
大工:鈴木明宏 原拓
監督:岩本
T字型プランの外観
白の左官壁と杉の組合せ。
屋根は寄棟と切妻の組合せ。
最後、大工さんにデッキと木塀を作って頂きます。
DSCN9540trim-.jpg
道路から引いてみる。
奥の杉板張の住まいも
加賀妻工務店で今年6月にお引渡しさせて頂いた住まいです。
杉の色が渋くなってきました。
DSCN9545trim-.jpg
1階
柱梁を表した漆喰真壁・直天井の内観です。
障子が殆ど全ての窓に取りつきます。
DSCN9555-.jpg
ダイニング
正面は隣家が近く、コーナーに窓を設けました。
壁に引き込める障子が取りつきます。
DSCN9561trim-.jpg
2階吹抜け見おろし。
吹抜けに階段と薪ストーブを対象に配置しています。
DSCN9606-.jpg
2階から切妻の正面を見ています。
左右対称の窓と壁。障子が入ります。
DSCN9586-.jpg
2階の吹抜けに面した廊下。
手摺は杉90角。
DSCN9607-.jpg
2階寝室。
T字の左右に寝室をそれぞれ配置しました。
寄棟屋根をそのまま表した天井です。
大工さんの腕が光ります。
DSCN9343trim-.jpg
ぜひお越しください。
設計 高橋一総