2014年07月27日(日)

チルチンびとの取材撮影

昨日、チルチンびと取材・撮影がありました。
朝9時から
小田原市小竹M邸
二宮T邸
東小磯W邸(現場)
東小磯KM邸
と廻り、一日取材・撮影になりました。
OBの皆様、取材撮影にお立会い頂きましてありがとうございました。
また、東小磯W邸にお休みの中来て頂いた大工さん、
ありがとうございました。
小竹のM邸の取材時の写真です。
庭の緑が豊かに育っています。
まだまだ手を入れるそうです。
ありがとうございました。
道路から庭を通して二階屋部分を見ています。
この部分のみ2階があり、他は平屋建てになっています。
DSCN5185trim-.jpg
内部は障子です。
和室は障子を全開放できます。
書斎コーナーがL字型に出ており、
視線が遠くまで抜けて広く見えます。
DSCN5221trim-.jpg
ありがとうございました。
設計 高橋一総

2014年07月12日(土)

巨大テーブル引っ越しプロジェクト

こんにちは。
台風一過。梅雨も一緒に吹き飛んでいったのでしょうか。
夏到来の予感に心躍る高宮です。
先日、打ち合わせ室の引っ越し(といっても隣の部屋ですが…)のために
巨大テーブルの搬送作業を行いました。
お打ち合わせ時にはお馴染みの長さ4m,厚さ7cmの巨大杉板は、そう簡単には通路を通り抜けしてはくれず、
壁を壊し、制震ダンパーの脇をするりと通りぬけ、所定の場所に納まることとなりました。
%E8%A7%A3%E4%BD%93%EF%BC%91.jpg
必死の解体作業中。
%E8%A7%A3%E4%BD%93%EF%BC%92.jpg
%E6%96%B0%E6%89%93%E3%81%A1%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E5%AE%A4.jpg
しばらくはこの場所で借りぐらし?、新天地での出番を待つこととなりそうです。
当分の間はこちらにてお打合せなどをさせていただくことになります。
よろしくお願いいたします。
%E6%97%A7%E6%89%93%E3%81%A1%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E5%AE%A42.jpg
長い任務を終えた旧打ち合わせ室。少し寂しくもあります。長い間お疲れ様でした。
高宮

2014年07月10日(木)

エクスナレッジムックに紹介されました

エクスナレッジムックに紹介されました。
「センスを磨く!住宅デザインのルール4」
4ページ掲載されています。
是非ご覧ください。
hyousi.jpg
DSCN3775-.jpg
DSCN3776-.jpg
目黒の家
(大工:鈴木明宏 監督:岩本)
http://www.kagatuma.co.jp/gallery55.html
伊勢原の家
(大工:原拓 監督:岩本)
http://www.kagatuma.co.jp/gallery53.html
和泉区の家
(大工:鈴木明宏 監督:吉村)
http://www.kagatuma.co.jp/gallery58.html
中曽根の家
(大工:岡野雅春 監督:岩本)
http://www.kagatuma.co.jp/gallery56.html
設計 高橋一総

2014年07月04日(金)

小竹の家と二宮の家

小竹の家と二宮の家
昨日、休みでしたが、
先週水曜日に上棟しました東小磯の家の現場に行きました。
大工:鈴木明宏・原拓
監督:岩本
吹抜け見下ろし。
屋根に薪ストーブの煙突用の穴が開いてます。
DSCN3688-.jpg
2階廊下。
廊下も勾配天井。
DSCN3689-.jpg
2階バルコニー。
大磯の山並みが眺められます。
DSCN3686-.jpg
大磯に向かう前に、
お引渡しさせて頂きました、
小竹の家と二宮の家に行きました。
突然の訪問にもかかわらず、
あたたかく迎えてくださりありがとうございました。
小竹の家
(大工:岡野雅春・松本涼太)
お引渡しから2年たちました(平成24年5月お引渡し)。
手をかけられております、お庭がとても素敵です。
室内は柱梁・畳・床の色も馴染み、雰囲気がとても落ち着いてました。
家具のレイアウトなどはお引渡し時と変わらずでうれしかったです。
エアコンは入れていません(蓄熱暖房機を入れています)が
軒の出が深いこと、風の抜け、北西側の寝室のみ雨戸を入れていることから、
エアコンなしで快適に住まわれてます。
今度、チルチンびとの取材が入る予定です。
庭と建物
DSCN3650%2B-.jpg
庭見おろし。
DSCN3656-.jpg
二宮の家
(大工:鈴木宏・佐藤登生)
お引渡しから3年半たちました(平成23年1月お引渡し)。
カフェをされております。
「山のうえcafe」
http://yamanoue2.exblog.jp/
7/13で1周年です!
是非お越しください。
カフェの看板です。
鉄骨で製作した照明柱が隣に立ってます。
頂部を三角(屋根型)にしています。
DSCN3657-.jpg
ありがとうございました。
設計 高橋一総

2014年07月03日(木)

栄区の現場と階段

平屋で無い限り、必ず階段がありますが、
階段の位置・形状によって建物の間取り・空間が全然変わってきます。
木で作るのか、鉄骨なのか・・・
スケルトンにするか、下を収納で利用するのか・・・
現在施工中の横浜市栄区の現場は、鉄骨と木の混合です。
吹抜けと絡めて、途中から鉄骨になっています。
IMG_1179_640.jpg
階段が浮いてるように見えます。
IMG_1173_640.jpg
鉄骨部分はオープンで木の部分は閉じてます。
__________________________________________
階段いろいろ・・・
リビングからの利用としたり、階段室として独立させたり。
IMG_0534_640.jpg DSCN7710_640.jpg
直線階段でも作り方はいくつもあります。
DSCN6503_640.jpg DSCN9779_640.jpg
下の2枚は、階段下を収納で利用しつつ、上の4段をスケルトンにし階段窓からの光を通すようにしました。
R0025309_640.jpg R0025310_640.jpg
階段と一緒に考えるのが『手摺』です。上の写真を見ても、いろいろな形状があります。
手摺の紹介は次回にでも・・・。
shirota