2014年04月16日(水)

小さな吹抜の3つある住まい 完成見学会行います

「小さな吹抜の3つある住まい」
大工:高橋一成
監督:吉村政弘
長期優良住宅
地域型ブランド化住宅
完成見学会行います。
是非お越しください。
http://www.kagatuma.co.jp/observe/
小さな吹抜けが3つある住まいです。
高さを低く抑えて寄棟の屋根を架けています。
1階の天井高さは2250m。
2階は1900mmから3寸勾配で上げています。
住宅が密集している為、
南側の抜けのある位置に大きな窓を設け、
他の窓は極力なくし、
吹抜け部分の窓から光を取り込んでいます。
外壁は左官の白。外玄関部分とバルコニーは屋根の中にあります。
内壁は珪藻土左官仕上げ。白。天井はクロス。床は杉30mmです。
これから開口部に障子が入ります。
外観。
外玄関部分は凹ませながら吹抜けています。
DSCN7608--.jpg
デッキから玄関側の外観。
DSCN7695-.jpg
2層吹き抜けの外玄関見上げ。
玄関ドアは製作でピーラーです。
左側FIX窓部分は吹抜けです。
DSCN7622-.jpg
1階の居間。
全開放サッシ。
障子は幅1800mmで一枚で壁に引き込みます。
DSCN7703-.jpg
東側の吹抜け見上げ。
午前中の光を取り込みます。
DSCN7700trim-.jpg
階段吹抜け見上げ。
これから手摺部分は木を取りつけます。
8段目までは下を本棚と収納に利用。
9段目から鉄骨のササラ階段です。白。
書斎と寝室から下がのぞけます。
DSCN7655trim-.jpg
2階の廊下。
正面が書斎。右手が寝室の小窓。
DSCN7668trim-.jpg
2階書斎から東側の吹抜けをみる。
手摺にカウンターを架けています。
DSCN7714trim-.jpg
2階バルコニー。
FIXのトップライトを取り付けています。
DSCN7682-.jpg
完成見学会行います。
是非お越しください。
http://www.kagatuma.co.jp/observe/
設計 高橋一総

2014年04月09日(水)

久しぶりの再会〜athome取材〜

先日、athomeの取材で「デイベットコーナーのある杉の箱の家」に行ってきました。
作品ギャラリー→
http://www.kagatuma.co.jp/gallery50.html
お引き渡しからもうすぐ2年。
外壁のレッドシダーは色褪せて、木の家独特の味が出ています。なんとも良い顔をしています。鎌倉の自然に家も暮らしも馴染んでいるようで、取材の一時はとても穏やかで心地よい時間でした。
%E5%8F%96%E6%9D%90%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%91.jpg
撮影風景その1。様々な角度からベストショットを探っています
%E5%B1%B1%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%8B%E3%82%89.jpg
高台より。抑えたスケール、経年変化の表情によりしっとりと周囲に馴染んでいます。
%E5%8F%96%E6%9D%90%E9%A2%A8%E6%99%AF%EF%BC%92.jpg
撮影風景その2。デイベットコーナーでくつろぐ様子を撮っています。
%E5%86%85%E8%A6%B3.jpg
造作テーブルに合わせて設えられた、横長の窓からは借景が切り取られており、
毎日の季節の移り変わりを感じることができます。
久しぶりの再会。素敵な機会をS様ありがとうございました。
高宮