2013年03月27日(水)

秦野市北矢名I邸 見学会を行います

秦野市北矢名I邸
今週末に見学会を行います。
ぜひお越しください。
http://www.kagatuma.co.jp/observe/
「大屋根と下屋の均整・障子の住まい(OMソーラー+太陽光発電)」
棟梁:岡野雅春、弟子:松本涼太
監督:岩本
真壁と障子のOMソーラーの住まいです。
南側外観。
2階にデッキは設けず、布団干しを取りつけています。
外壁はモルタル左官仕上げです。

東側外観。
駐車場を下屋と格子で覆っています。

格子と下屋、外壁は白の北側道路側です。
玄関ドア前は杉の格子です。

内部は真壁です。
柱の見える部分と見せない部分を整理しています。
障子は全開放できます。右手は格子のついたオープンの階段です。
ロフトまで階段でつながります。
堀炬燵も造作で岡野さんに作って頂きました。

和室とは一体空間です。
和室との境の襖は壁内に収納されています。

障子を開けると化粧垂木の軒裏がみえます。
2階の天井は杉板張りです。

2階です。
吹き抜けで1階とつながり、手摺は90角の杉材と鉄棒の組み合わせです。
右手階段からロフトに上がれます。
奥の子室は当面、オープンで使用します。

見学会にぜひ来てください。
http://www.kagatuma.co.jp/observe/
設計 高橋一総

2013年03月19日(火) 2013年03月18日(月)

二宮OB宅見学会が開催されました!

先日、OB宅見学会をT様、O様のご厚意により行わせて頂きました。
完成見学会とは違い、素材の経年変化を感じ取ったり、実際に住まわれている方の
生の声を聞くことができる、ご参加頂いた方々にとっても私達スタッフにとっても大変貴重な機会でした。
お客様同士で感想を述べ合ったり、T様、O様にここでしか聞くことのできない質問をしたりと
終始、和気あいあいとした雰囲気で進められ、皆様満足した表情で見学会を後にされていました。
%E9%AB%98%E6%A9%8B%E9%82%B8%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A%EF%BC%91.jpg
%E9%AB%98%E6%A9%8B%E9%82%B8%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A%EF%BC%92.jpg
%E9%AB%98%E6%A9%8B%E9%82%B8%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A3.jpg
%E5%A4%A7%E8%97%A4%E9%82%B8%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A.jpg
家づくりを考えはじめると、たくさんの疑問や悩みが出てくると思います。
例えば、太陽熱を生かしたシステム「OMソーラー」。
仕組みは理解できるけど、実際に効果はあるの?ですとか、
本当に快適ですか?メンテナンスは大変ではないですか?といったことが気になると思います。
技術的な説明や写真などはインターネット等ですぐ手に入れることができますが、
実際にその場体験し、暮らし振りを聞かせて頂くことでしか得られないことがあります。
T様、O様。このような貴重な機会を与えて頂き、誠にありがとうございました。
二宮・T邸
動画で見る加賀妻の家:http://www.kagatuma.co.jp/movie.html
作品ギャラリー:http://www.kagatuma.co.jp/gallery47.html
二宮・O邸(OM)
暮らし探訪:http://www.kagatuma.co.jp/owners02.html

2013年03月18日(月)

泉区Y邸 もう少しで完成です。 見学会も行います

「泉区Y邸」
OMソーラーと化粧垂木の実用美を追求した住まい
大工棟梁:鈴木明宏
監督:吉村
OMソーラーの住まいです。
もう少しで完成。 
今週土曜日に3/23見学会も行います。
是非お越しください。
昨日の写真をアップします。
軒裏は垂木表しと杉板。
木製サッシ(加茂サッシ)を使用しています。
南側にデッキが取りつきます。

建具屋さん製作の
ピーラーの玄関ドアと縦滑り出し窓とFIX窓。
左手の柱間には目隠しの格子とポストインターホンが入ります。

キッチンから居間・食堂・書斎スペースを見ています。
1階の家具はピーラーで統一しています。
木製サッシの内側には障子が仕込まれます。

書斎コーナーから吹き抜けの見上げ、格子のTV台と居間を見ています。
吹き抜けには鉄骨の手摺。手摺の間には落下防止のポリカを入れます。

居間からTV台と書斎スペース。本棚の奥は洗面です。

玄関ドア横の木製の縦滑り出しサッシの金物。
開き具合を調整できます。

設計 高橋一総

2013年03月16日(土)

匠の会 会員社の現場見学

匠の会の横浜・高棟建設さんの現場見学へ行きました。
 
老舗の工務店らしい、大工さんがつくる”本物の木”の家を感じられる住まいでした。
   
外壁のモルタルに木製のデッキとバルコニー。
    
  
           
加賀妻も同じですが、材料や仕上げ、納まりが違うと、見た目も雰囲気も随分と変わります。
      



敷居スベリは『カリン』を使っていました。
山長商店さんのダイナミックな梁が空間を演出しています。
   

   
            
いろいろ参考になるところがあり勉強になりました。
shirota

2013年03月10日(日)

埼玉の小林建設モデルハウス視察

先日、埼玉県本庄市にある小林建設さんの新しくできたモデルハウス『コバケンLaBO』を見学してきました。
テーマは『パッシブデザイン』です。
夏涼しく、冬暖かく。快適に心地よく過ごす工夫が至る所にありました。
メディア等でよく聞く『スマートハウス』。
これは、ハウスメーカー、家電メーカー、電気屋量販店が使っている言葉です。
設備等で省エネを目指します。
それに対し、『パッシブハウス』。
こちらは、私たちの家づくりにおいて目指しているもの。
設計で工夫して、快適で省エネな住まいをつくります。
設備に頼らず、風の抜け方、陽の入り方、断熱や材料をデザインします。
今回見学したモデルハウスにはそんな要素が盛りだくさんでした。
寝室は1階の北東に配置。寝室はこの北東は一番快適!と言い切っていました。
床を大理石にし、夏は涼しく、冬は温水式の床暖房で暖かく工夫されています。
南面には鉄平石の床のサンルームを設け、サンルームをリビングの間を障子で仕切っています。
サンルームで蓄熱し、障子を開け暖かい空気を室内へ取り込みます。
製作のルーバー付き網戸で夏の日射の調整をします。
などなど…他にもたくさんありました。
そして、やっぱりOMソーラーは欠かせませんでした!

・   

 ・   

  
今月の見学会はOMソーラーの住まいが多くあります。
数年前にお引渡しをしましたOMハウスのOB宅見学会もあります。
快適なパッシブハウスを是非体感しにいらして下さい。
shirota