2013年02月25日(月)

平塚市田村の現場

先週足場が外れ、全体が現れました。
OMの住まいです。
周囲は住宅地ですが、板張りの外観がとても目立っています。
最後にデッキがつきます。重くならないように、鉄骨の手摺にしました。

 

内壁は漆喰仕上げ。 勾配天井部は杉板張り。
居室の窓には障子が入ります。
 
浴室はハーフバスに檜板張り。トイレは間接照明にしました。 
 
 
今週末、見学会をやらせて頂くことになりました。
大工さん、職人さんの仕事とOMソーラーの暖かさをぜひ体験しにいらしてください。
http://www.kagatuma.co.jp/observe/
shirota

2013年02月12日(火) 2013年02月10日(日)

4mの開口を持つ障子の住まい

「4mの開口を持つ障子の住まい」
(棟梁:原拓、監督:岩本)
昨年末に完成お引渡させていただきました。
写真の整理をしましたのでアップします。
4mの開口を持つ障子の住まいです。
居間の障子と小上りの和室の障子を連続させて幅4mとしています。
障子は壁に全開放できます。デッキの幅も4mに合せています。
その部分の外壁を雨戸の戸袋隠しも兼ねて板張りとしています。
内部は柱の見える真壁ですが、すっきりした感じになるようにしています。
玄関から入ったところから居間の障子をみています。
障子の鴨居の高さを揃えています。
和室の襖を畳下に収納して開放した状態です。
RIMG36120-.jpg
居間から小上り(300mm)の和室をみる。
右手の大黒柱は6寸(180mm)。
角は面取りして柔らかく見せています。
RIMG36153-.jpg
和室からの見返しです。
和室は直天井で井桁に梁を組んで、
真ん中に正方形の照明をはめ込んでいます。
RIMG36135-.jpg
居間の障子を開けた際のTV台との関係。
TV台に当たって止まるようにしています。
RIMG36350-.jpg
障子とサッシを全開放した状態。
外構と植栽はこの時は施工中です。
RIMG36305-.jpg
襖を閉めた時。
RIMG36361-.jpg
和室の襖と障子を閉めた状態です。
襖紙は珪藻土と同じ色で目立たないようにしています。
和室は直天井で井桁に梁を組んで、
真ん中に正方形の照明をはめ込んでいます。
RIMG36359-.jpg
2階からロフトへの階段越しに障子を見る。
納戸に障子の小窓(通風の為の小窓)からみています。
RIMG36220-.jpg
一坪の吹抜けからの見おろし。
サッシ側にも落下防止の手摺を設けています。
RIMG36270-.jpg
外観です。
アルミの戸袋をデッキと同材で板張りで隠しています。
RIMG36335-.jpg
ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
設計 高橋一総

2013年02月09日(土)

辻堂新町の現場が大詰めです。

外壁の塗装完成しました。
綺麗に仕上げられた真っ白な壁に影が映えます。足場、ネットが取れるのが楽しみです。
%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E9%82%B8%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E5%A4%96%E5%A3%81.JPG
%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E9%82%B8%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B02.JPG
内側はこれから珪藻土が塗られていきます。
珪藻土の白と無垢材梁組の調和した空間になります。
コンパクトな中に工夫が散りばめられた、シンプルで可愛いらしい家になると思います。
仕上がりがとても楽しみです。
%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E9%82%B8%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%86%85%E8%A6%B3.JPG
お客様の御厚意により、後日見学会をさせて頂く事になっております。
詳しいことは今後ホームページ上にアップします。
お楽しみに。
設計部 高宮