2011年11月29日(火)

鎌倉山の家 

先日お引き渡しいたしました、
鎌倉山の家におじゃまさせて頂きました。
家具も入り素敵になっていました。
写真を載せます。
ロフトから居間の見下ろし
無垢のテーブルは岡野大工さんに加工して頂きました。
RIMG23098.jpg
右手は300mm上がった6畳の和室です。
出窓下は収納になっています。
RIMG23102%2B%2B.jpg
富士山もみえました。
RIMG23087%2B.jpg
ありがとうございました。
設計 高橋一総

2011年11月21日(月)

四方に風の抜ける家

「四方に風の抜ける家」
L字のプランで一部スキップフロアの住まいです。
完成に近づいています。
見学会を12/10(土)に行いますので、
皆様、是非お越しください。
大工さんは近藤大工さんと弟子の吉岡さんです。
居間は四方に開口部があり、風・光・視線が抜けます。
・庭側の大開口(障子引込)
・洗面側の欄間(障子)
・階段側の欄間(障子)
・キッチン(出窓)
洗面側の欄間から居間を見てます。
RIMG23001.JPG
階段側の欄間から居間を見ています。
正面の開口部は引き込まれる障子を設けます。
障子の鴨居は和室の引戸まで意匠上連続させています。
RIMG22957.JPG
居間から庭側を見ています。
障子がキッチンの脇の壁に4枚全て引き込まれます。
RIMG23005.JPG
キッチン側から居間を見ています。
洗面の欄間、格子の向こうがトイレの引戸。左手が和室です。
RIMG23009.JPG
玄関への出入口の見返し。
キッチン側が壁で左手が格子。格子の脇にソファーです。
RIMG23023.JPG
大開口から和室を見ています。
和室の屋根が見えます。デッキは和室まで連続。
RIMG23015.JPG
階段の見下ろし。
一部スキップフロアで水周りを配置しています。
階段の格子の左側は長さ5mと長い玄関土間。
右手の欄間から居間が見えます。
RIMG22935.JPG
階段の欄間から居間を覗いています。
RIMG22954.JPG
2階のホールの階段を見返し。
スキップフロアの踊り場が見えます。
RIMG22931.JPG
2階のホールの居室側を見ています。
RIMG22927.JPG
和室の地窓。
格子を粗くしています。
RIMG22993.JPG
RIMG22997.JPG
2階バルコニーから平屋の和室を見ています。
1階の和室がL型に張り出しています。
RIMG22912.JPG
玄関戸は製作で引違いの格子戸。
網戸が中に仕込まれています。
RIMG23045.JPG
是非お越しください。
設計 高橋一総

2011年11月16日(水)

マグカップの幸せ

小さな幸せシリーズ第4回、今回は「マグカップの幸せ」です。
 先日、近くの公園で陶器市が開かれるというので、散歩がてらちょっと行ってきました。
有田焼に織部、九谷焼、萩焼きと様々な器がならんでいた。
私たちの目指すものは小鉢。有田焼にいいもの発見。う~ん、いいねー。だが、ちと高い!
毎日使うもので、肩こるのいやー!という妻の一言で却下。
すぐそばのセール品の中からひとつ見つけ、一段落しました。
 それと私が気になっていたのがマグカップ。今まで使っていた白いのが少し欠けてしまい、
今回は写真のような少し落ち着いたものにしてみました。
有田焼のこれもセール品 (笑) なのですが、軽いし、取っ手も太めで持ちやすい。
結構気にいってしまい、それからというもの朝から晩まで活躍している。
こんな小さな事で毎日が楽しくなることに、あらためて気付いた日でした。
 このような事は住まいでもあります。
棚やニッチへのちょっとした飾り、小さな植物、床の間の季節の装いなどなど
毎日を楽しくしてくれる事はけっこうありますね。
皆様も毎日の生活の中に、住まいの中に、小さな幸せを探してみてください。
(板)でした。
マグカップ
 
 
ニッチと植物棚
 
洗面の緑と床の間飾り
 

2011年11月04日(金)

横浜市 木製サッシとここちよい大屋根の家

木製サッシとここちよい大屋根の家
大工さんは高橋一成さん。
監督は吉村です。
西面は軒を低く抑えて。窓も極力少なくしています。
仕上げはコテ抑えの左官仕上げ。
木製サッシの外部側はアルミです。
RIMG22463.JPG
キッチンハウスのキッチンと木製サッシ。
山長の梁を910mmピッチに見せています。
天井は紙クロス。壁は漆喰仕上げ。
RIMG22488.JPG
キッチンパネルとタイルはマットな白を選んでいます。
網戸はアルミですが一部を木枠の中に入れ込んで、
余り目立たないようにしています。
一部壁は板張り。
RIMG22497.JPG
心地いい家です。
設計 高橋一総