2011年04月28日(木)

元気な空間と心癒す空間

 もうすぐ5月、さわやかな季節ですね。GWももうすぐ。
家の窓を開け風を通し、みんな集まって食事会!なんて思ってしまう。
 こんな時には、吹き抜けとか、庭につながる大開口のある元気な空間がいい!
身体にも心にも自然がしみてくる感じ、元気が湧いてくる!
 だけど人間、元気な時ばかりではない。
人間関係に悩む時もあれば、病気の時もある。
又、自然も雨の時もあれば、暑い時、寒い時もある。
そんな時は天井の低い、ちょっと狭いくらいの空間がいい。抱かれるような空間。
この二つの空間を組み合わせる事の必要を、実感している今日この頃の私です。
そんな例をちょっと紹介します。
ひとつめは、吹き抜けの開放的空間と、天井の低いタタミ空間の組み合わせです。
%E5%90%B9%E6%8A%9C%E3%81%A8%E5%92%8C%E5%AE%A4%EF%BC%91.jpg
DSCN5672.JPG
二つめは勾配天井の居間と、奥まってアルコーブ型のフラット天井の食道などを
組み合わせた例です。
K%E5%A4%A9%E4%BA%95%E3%81%A8.JPG
IMG_3048.JPG
さっ、今日はどっちの空間でくつろぎますか?  (板)
(追伸)休み中はたくさんの方にご迷惑お掛けし、申し訳有りませんでした。
    そして、たくさんのフォローありがとうございました。
    今は自宅で、少しずつできる事から始めようと、ブログ作成を始めました。
    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
 

2011年04月11日(月)

雑誌の取材

雑誌の取材が2件ありました
立ち会いましたので、写真を載せます。
今年初めにお引き渡しいたしました二宮の住まいと、
一昨年の暮れにお引き渡しいたしました秋谷の住まいです。
<二宮の住まい>
アンティークの家具も入り雰囲気が良くなっています。
平屋の居間です
RIMG17688%2B.jpg
2階屋の居間です
RIMG17683.JPG
RIMG17674.JPG
<秋谷の住まい>
外構も植栽が育ち素敵になっていました。
RIMG18106.JPG
RIMG18139.JPG
既存の障子を再使用した和室です。
RIMG18148.JPG
吹抜けからみています。
RIMG18150.JPG
誌面が楽しみです。
設計 高橋一総