2011年02月26日(土)

藤沢市弥勒寺の現場

着工が続いてると思ったら、今度は竣工ラッシュです!
藤沢市弥勒寺の現場へ
一坪の吹抜けから2階のスタディコーナーへ繋がります。
一坪でも吹抜けがあると、随分と広く感じ、空間の広がりが生まれます。
DSCN8935_640.jpg DSCN8918_6401.jpg
DSCN8915_640.jpg DSCN8916_640.jpg
階段はスケルトンです。
リビング階段は見せ所のひとつでもあります。
すっきりさせる為、手摺をスチールにする場合もありますが、今回は木製。シンプルにできてます。大工さん製作です。
m.shirota

2011年02月17日(木)

弥勒寺の現場

完成に近づいています。
足場が外れ、専用通路から大開口が見えます。
RIMG17245.JPG
玄関側から見ています。
RIMG17235.JPG
床材を使用した格子のスタディーコーナーと一坪の吹抜。
RIMG17206.JPG
RIMG17228.JPG
RIMG17216.JPG
2階の吹抜に面した寝室。
RIMG17212.JPG
設計 高橋一総

2011年02月13日(日)

弥勒寺の現場、東海岸の現場

弥勒寺の現場、東海岸の現場です。
<弥勒寺の現場(原拓大工・加賀妻監督)>
天井クロスも貼られ、いよいよ完成に近づいています。
奥の格子はスタディーコーナーの背もたれになります。
スギの床材を利用しています。
RIMG16815.JPG
2階寝室です。
天井のレベル差部分にもスギの床材を利用しています。
空間に馴染みます
RIMG16806.JPG
<東海岸の現場(岡野大工・加賀妻監督)>
1階の寝室です。
天井いっぱいに窓を付けています。天井高さは2200mmです。
天井にも光が反射して明るくなります。
RIMG17103.JPG
階段の落下防止の格子です。
階段の段板に合せて格子を伸ばしたデザインを考えています。
RIMG17105.JPG
RIMG16777.JPG
2階は天井のクロスが貼り終わりました。
いよいよ壁の珪藻土です。
RIMG17119%2B.JPG
設計 高橋一総

2011年02月12日(土)

エコポイント

住宅版エコポイントも、定番になりました。
加賀妻では最近は着工ラッシュです!
それと並行して、今週は最近着工した物件の「エコポイント対象住宅証明書」の発行を6件まとめて申請しました。
このエコポイントをもらう為に“次世代省エネ基準”を満たしているかどうかの審査が必要なのです。
この基準を満たす為に、計算をして数値であらわすか?仕様規定を満たすか?のどちらかになります。
計算をして、その家の性能を数値にし冬の断熱と夏の日射がポイントです。
断熱に関してはQ値。日射に関してはμ値を出します。
標準としている断熱材“セルローズファイバー”、床90㎜、壁90~100㎜、屋根150㎜。
もちろん、窓の大きさや設置方位、庇の取付けなども大きく関係しますが、
ほとんどの物件は“次世代省エネ”基準をクリアします。
この計算をしない場合は、仕様規定に基づき、通常より断熱材をいつもより多く入れなければなりません。
これはかなりのオーバースペックです。
わざわざエコポイントをもらうために、断熱材を多く入れたり・・・なんて事はしません。
20110212153432332_0001.jpg
実際、エコポイントがもらえるのは竣工してから数ヵ月後。
忘れた頃になるのですこし嬉しい!?
m.shirota

2011年02月04日(金)

鎌倉市今泉台 地鎮祭

まもなく着工する鎌倉今泉台の地鎮祭を行いました。
DSCN8875_6405.jpg
住民協定のある地域で、基本的には一戸建ての住宅しか建築できないところです。
風致地区にも指定されていて、緑もあり静かな住宅地です。
地鎮祭の後、近隣の挨拶まわりをしました。
「お互いさまなのでお気を使わずに」とか「新築ですか?おめでとうございます」
「いい家ができるといいですね」
などと言って下さって、土地だけでなく住民の方も親切でとてもいい環境だなと思いました。
今回の模型は内部も一部作りました。
DSCN8868_320.jpg   DSCN8861_320.jpg
梁を一部表しにしています。壁でなく格子で空間を仕切り、繋げています。
昨年の夏頃から計画をスタートし、いよいよ着工です。
m.shirota
⇓⇓⇓次回の家づくりセミナーの詳細はこちら⇓⇓⇓
http://www.kagatuma.co.jp/events/report.html