2010年10月30日(土)

木工教室

今年も恒例となった茅ヶ崎市内の小学校での木工教室を行いました。
今年で12年目になります。
鉋で削るだけで大歓声。
実際、大工さんの仕事道具、鉋,鋸,金づちを体験。
“初めて鋸で木を削った”という子も多く、
その木端から『お家の匂いがする』と言う子もいました。
DSCN8434_400.jpg DSCN8441_400.jpg
いつもは親方から学んでる若い子たちも、今回は教える側として、少しぎこちなさを感じつつ、一緒に楽しんでいました。
DSCN8426_400.jpg DSCN8446_400.jpg DSCN8411_400.jpg
普段はなかなか見れない刻みも披露し、子供だけでなく私も興奮してしまいました。
DSCN8445_640.jpg
m.shirota

2010年10月22日(金)

オリジナルの“木工セット”

中学生の職場体験として来ました。
当日は棟梁・加賀妻会長を大工さんの指導のもと、実際の大工さんの道具を使う体験を
しました。
鋸で丸太を切るだけで大汗です。
その丸太を薪用に切ります。一発で割れる子もいればなかなか割れない子もいます。
「気合いが足りない」などと言われつつ。。。
ちなみにその薪は会社のストーブに使わせて貰います。
DSCN8319_400.jpg DSCN8353_400.jpg DSCN8340_400.jpg
下の写真は会長オリジナルの“木工セット”です。
小物入れになります。
DSCN8338_800.jpg
番号が付いていて、同じ番号同士を合わせ、釘で打ち、組み立てていきます。
市販であったりしますが、こういうものをさらりとつくる会長、さすがだなぁと思いつつ、中学生が少しうらやましかったりもしました。
来週は小学校での木工教室もあります。
子供達が夢中で“かなづちトントン”している姿を見るのが楽しみです。
m.shirota

2010年10月12日(火)

楽しむシリーズNo?

今回の楽しむは、出来た家ではなく、家つくりそのものを楽しむです。
図面を造る私たちはもちろん、造る大工さん、そしてそこに住む人も参加しての家造り。
それは家族の思い出になり、愛着につながる。
そんな楽しい例を紹介したいと思います。
もうすぐ完成するこちらの住い、テーマは「センターキッチンで食を楽しむ家」
その中心になるキッチンは手造りです。
玄関は土間玄関にして、式台に座って庭を眺めよう。
そこには、木製格子を・・・なんてスケッチしてました。
引き戸を開ければ全部繋がる、廻れる動線、デッキでビールもいいな、
なんて、私も楽しんで設計。
%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%81.jpg
そして工事。
施主は夏休みを使って左官壁塗り。親子みんなでぬりました。記念の手形も!
そして先月は、先程の土間玄関に付ける木製格子の塗装。
その日は暑い日で、首にタオルを巻いての作業でした。ブログに載せていい?と聞くと
奥さん「この格好はカンベンして!」と。写真は御主人のみです。
%E6%96%BD%E4%B8%BB%E5%B7%A6%E5%AE%98.JPG%E6%96%BD%E4%B8%BB%E5%A1%97%E8%A3%85.JPG
そんな気持ちは造る人達にも伝わっています。
手間をかけ、気持ちを入れ、そして楽しんでくれた形が随所に見つけられます。
丸くしたニッチの台、硬い木で大変だろうにデッキの足元、そして手摺の形等々。
R%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81.jpg%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD%EF%BC%B2%E9%9D%A2.JPG%EF%BC%B2%E6%89%8B%E6%91%BA.jpg
さっ、みなさんも周りを巻き込んで、家造り楽しんでください!!  (板)
(追伸)こちらの住い、今週末見学会をやらせてもらってます。宜しかったら足を運んでみて下さい。

2010年10月04日(月)

東海岸の家 上棟しました

〈東海岸の家〉
(大工:岡野雅春、監督:加賀妻雄介)
先週金曜日に上棟しました。
住宅街で建物で囲われた敷地です。
道路や公園への抜けを狙って角度を付けた住宅です。
上棟式では色々とお気遣い頂きありがとうございました。
また、大工さんおつかれさまでした。
道路から
RIMG14605.JPG
2階リビングになります。
RIMG14601.JPG
〈弥勒寺の家〉(監督:加賀妻雄介)
先週地鎮祭を行いました。
ありがとうございました。
左官と直天井のシンプルな窓の家です。
また写真を載せます。
RIMG14490.JPG
〈杉田の家〉(監督:吉村)
先週金曜日に地鎮祭を行いました。
ありがとうございました。
二世代から四世代へと住み継ぐ家です。
また写真を載せます。
RIMG14503.JPG
設計 高橋一総