2009年10月31日(土)

木工教室を行いました

今年も茅ヶ崎市の小学校で木工教室を行いました。
地域工務店として、子供たちに大工の仕事、ものづくりに楽しさなどに触れてもらいたいと思い続けています。
子供達は朝からテンションが高く、とても元気です。しかし、大工が手を動かすと、じっとその仕事を見つめていました。
DSCN6555_800.jpgDSCN6561_800.jpg
DSCN6572_400555.jpgDSCN6583_400555.jpgDSCN6566_400555.jpgDSCN6619_400555.jpgDSCN6622_400.jpg
かんなやのこぎり、かなづちなど、子供たち全員に体験してもらいました。
墨付けと刻みです。慣れた手付きで最近はプレカット(機械)で行うことがほとんどですが、さすが加賀妻の大工です!あっという間にできました。
666.jpg555.jpg65.jpg
DSCN6643_400.jpgDSCN6650_400.jpgDSCN6647_400.jpgDSCN6648_400.jpgDSCN6652_400.jpgDSCN6653_400.jpgDSCN6585_400.jpgDSCN6576_400.jpg
そして木端を使って自由に制作をしました。この木端は夏休みに先生達が準備したものです。
本物の木に触れること、のこぎりやかなづちを使うことはほとんど無い子供たちが、思いおもいに作品を作りました。
最後に「将来大工さんになりたい人」の質問にたくさんの手が上がりました。うれしい限りです。
子供たち、先生、大工さんもありがとうございます。来年も楽しみにしています!
学校を去る時、トントンと釘を打つ音が・・・
教室に戻ってからも飽きることなくまだ作業を続けていたみたいで、なんだかうれしくなりました。
m.shirota

2009年10月24日(土)

イメージをつかむ!

基本プランが決まったら次は実施設計に入り細かいお打合せをします。
その前に・・・
平面的な事は分かっても、空間としての広がりは図面を見ただけではなかなかイメージしにくいのではないでしょうか?
そこで、模型で建物全体のイメージをつかんでもらいたいと思います。
DSCN6286_8002.jpg DSCN6280_8001.jpg
DSCN6289_800.jpg 
模型制作の主な材料と道具たち
主に、1mm、2mm、3mmのスチレンボードを使います。細かい部分はピンセットを使って。
m.shirota

2009年10月22日(木)

セミナーいろいろ

まずは構造の勉強会です。
講師は山辺豊彦氏です。山辺さんは、実験データに基づいて木構造を平易にしかも正確に語れる構造家として右にでるもののない存在です。
木造建築の基本的はことから最新の構造審査の現状について話を聞きました。
実験データや模型を使って、構造の考え方、耐力壁の配置のバランスなどあたり前ですが大切な事を再度認識しました。
DSCN6323_512.jpg FSCN6325_512.jpg DSCN6321_512.jpg
続いてOMソーラー協会のセミナーに参加しました。
第一部は、またまた山辺先生の構造の勉強です。
構造計算の基本の考えはどういった根拠から成り立っているのかなど、始めて納得できた内容もありました。
FSCN6273_512.jpg DSCN6270_512555.jpg
構造は難しいイメージがありますが、基本をしっかりおさえると応用がきき、構造も面白いと思うようになってきました。
第二部は断熱に関しての内容でした。
熱損失係数といって、断熱性能を数値で表すものがあります。この数値が低い程断熱性能がよいという訳ですが・・・
窓を小さく断熱材を多く入れればもちろん低い数値になります。
しかし、数値にこだわりすぎて実際住まわれる方の生活はどうなんだろうか?
ちょっとの我慢とちょっとの努力で、できるだけ暖房機器等は使わず、本当に暮らしやすい生活ができる家をつくっていきたいとおもいます。
m.shirota

2009年10月10日(土)

「じっくり派の家づくりセミナー」開催しました

今回で3回目となる、家づくセミナーを開催しました。
DSCN6268_6408888.jpg 
第一部のテーマは「結露から家そして健康を守る」。講師は弊社 設計部の高橋です。
どうして結露するのか?
結露しないためにはどうしたらいいのか?
加賀妻の結露対策は?
など、当たり前に「結露しない家がいい」といいますが、どうしたらいいのか、今回みんなで勉強しまた。
FSCN6272_640.jpg FSCN6271_640.jpg
第二部のテーマは「本物の自然素材」。講師はアトピッコハウス㈱ 後藤氏です。
普通の家って?普通の材料って?普通の物って?
「昔の普通は今の贅沢」
今回は実際に、普通のもの(一般的に使われてるもの)と本物の自然素材を実際に見て・触って、感じてもらいました。
本物を知らないから、普通のもので満足してしまうのではないでしょうか。
ずっと暮らしていく家だからこそ、本当にいいものを知り、暮らしていくうえで快適なものを使った家造りをして欲しいと思います。
FSCN6315_640.jpg DSCN6277_640.jpg
DSCN6316_640.jpg DSCN6318_640.jpg
合板のフローリングと無垢のフローリングを冷蔵庫で冷したものを触って比べてみました。
合板の方は、一瞬で゛冷たい!゜と感じたのに対し、無垢材は゛冷たくない、気持ちいい!゜と感じました。
「無垢のフローリングは冬、素足でも゛冷たいっ!゜と感じることなく過ごせます。
床暖房なんか要りません。本物のいいものとはけして機械の頼らず、本来の素材の良さ、暖かさで十分に快適に過ごせるのです。」と、今回も社長から熱いメッセージがありました。
FSCN6319_640.jpg
次回は11月14日(土)
 第一部:<設計の考え方 間取りと耐震        大きな開口部・吹く抜けが欲しい・・・など、要望はたくさんあると思いますが、        さて、それは構造にどう影響するのでしょうか?  第二部:土地発掘、良い土地とは        土地を選ぶときのポイント、不動産業界の裏側から営業マンとのつき合い方まで、        良い土地にめぐり合うまでの近道をお話します。 http://www.kagatuma.co.jp/seminar.html#se_1114
m.shirota

2009年10月06日(火)

完成しました!

鎌倉・稲村ガ崎の家(N邸)が完成しました!
今日、お引き渡しさせていただきました。
また、現場見学会をさせていただきました。
ありがとうございました。
鎌倉の海と山の眺めと暮らしを住まいに取り入れるた住まいです。
玄関にサーフボードを掛けることからプランしました。
稲村ガ崎の家(N邸 吉村・加賀妻監督・高橋大工) 
N%E9%82%B801RIMG5279%2B.JPG  N%E9%82%B802RIMG5272.JPG  N%E9%82%B814RIMG5259.JPG 
N%E9%82%B807RIMG5254trim.jpg  17RIMG5297.JPG  11RIMG5264.JPG
N%E9%82%B803RIMG5285.jpg  N%E9%82%B810RIMG5084.JPG
次は、今、木工事中の横須賀・秋谷の家(S邸)の現場写真です。
既存の障子・板戸・家具再利用して、前にあった居間(和室)空間を新しく作っています。
迫力を出したい為、2階の床が直天井で1階から見える形にしています。
完成が楽しみです。
秋谷の家(S邸 吉村監督・鈴木大工)
S%E9%82%B8RIMG5141sharp.jpg  S%E9%82%B8RIMG5157.JPG
高橋一総