2008年11月03日(月)

朝食の話し

 朝、何食べます?家族一緒ですか?
と、突然聞かれ、みなさん「はい~?」(相棒の右京さん風に)となる。
 住まいを計画する時のスタート時の話しである。
建主の生活スタイルを、少しでも読み解くための問いかけです。
食事は生活のなかで最も重要な要素と考えている。
だから、その食事空間を大切にしたい。
 家族一緒の食事は朝の人か、夜の人か、はたまた週末のみか?
それによって、台所や食堂の位置を検討する。
朝の人には、朝陽の入る東側へ、1日のスタートを気持ちよく・・・なんて考える。
 そして朝食のメニューは?コーヒーとトースト?それともご飯と味噌汁?
 そんなことを考えながらズット住宅の設計をやってきた。
1日1回は家族みんなそろって食事、なんてのはもう昔の話しなのか?
そんな事は気にしなくていい、いや出来ないよという家族が増えてきた。
 そして私も変わってきた。
20数年前は、箸はどこに置く、スプーンはフォークは、ときっちり決めて収納計画していた。
だけど家族は変わる、成長する。特に若い家族は。
「今日の便利は明日の不便」と、確か清家氏が言っていた。
なるほど・・・である。
 家族の成長に合わせて手を入れられる、そんな住まいがいい!
(追伸)決して設計の手をぬこうと言うのではありません!(笑)     (板)