2017年07月31日(月)

松田町の現場

今月上棟しました松田町K邸『山並みに調和した切妻の二世帯住宅』です。

長期優良住宅です。

軒を深く出し、シンプルな切妻屋根とし、のどかな周囲の景観に馴染むようにしています。

無垢の杉材を柱・梁に使用し、構造計算をして耐震等級3を確保しています。

IMG_5194_400

IMG_5189_400

 

こちらの現場の構造見学会を8月6日行います。

完成後は隠れてしまう大事な構造部分をじっくり見て頂く事ができます。

ぜひご参加下さい。

詳しくはこちらからお申込み下さい

代田

 

2017年07月31日(月)

スケッチでイメージを伝える

こんばんは。いつのまにか7月も終わり、暑い日が続きますね。

今日は打ち合わせ時によく登場するスケッチのお話を。
お客様との打ち合わせ時にイメージ共有のため、スケッチを書くことが多いです。

YNtei2

家具をどんなものにするかとか
今の計画が中々イメージできなくてとかのご要望を頂き、
某メーカーさんのようにくるくる視点を変えることができる3Dは作れませんが、
こんなスケッチや模型を元にイメージを共有して
最終決定をしていきます。

Yteisuketti2

2階の天井の形を検討するためのスケッチ

Yteisuketti1

真壁なので、柱梁の見え方や部屋の雰囲気を確認するためのスケッチ

この他にもブログに載せることができないような、
監督と共有するための走り書きスケッチや
自分の中で整理するためのスケッチをたくさん書きます。

3D画像と違って「考えながら」鉛筆を動かすことで
より良い改善点を発見したり、アイデアがジャンプできたり、
手作り感でお客様に喜んで頂けたり。
メリットはとても大きいなぁと思っています。

Yteikiso

写真は2,3枚目スケッチの逗子市Y邸の基礎です。
こちらのリビングダイニングは柱、梁が室内に見えてくる「真壁」という
作り方をして行きます。上棟まではもう少し。

暑い日が続きますが、現場も気を引き締めて進めていきます。
施工レポート→http://www.kagatuma.co.jp/BlogRepo/category/%E9%80%97%E5%AD%90%E5%B8%82y%E9%82%B8/

高宮

2017年06月30日(金)

座間の現場

今週お引渡しをしました座間のM邸です。
先週は見学会をやらせて頂きました。ありがとうございます。

南側にリビングと和室をまたぐ約4mの大開口を設け、障子は左右に引き込めるようになっています。
IMG_4919_640

IMG_4916_640

プランをするうえで多いご要望のひとつに「スタディーコーナー」があります。
家族みんなの共有場としてお子様が勉強したり、パソコンスペースとして使われます。
特に、お子様がいらっしゃる家族に多いご要望の一つです。
こちらの住まいはLDKから続く空間にあります。
リビングからはちょっと奥まっているので、家族がテレビを見ていてもそれほど気にならず、
しかしキッチンから目の届く位置にあるので、お母さんがお料理をしながら、学校から帰って来たお子様が勉強しているのが見える配置となっております。
子供室はそれほど広さは取らず、その分こういった共有スペースを設け、
家族がつながる空間をつくっています。

IMG_5103_640
カウンターの材料を床材(杉 厚30㎜)で造りました。
IMG_5129_640
スタディーコーナーからキッチンを。

代田

2017年06月24日(土)

デッキ工事と圃場

こんにちは。
7月1日~2日に見学会を予定させて頂いております、二宮M邸ですが大工工事もあと少し、
デッキの確認、打ち合わせに行ってきました。

ダイニングの前には小さなテーブルセットが置けるくらいのデッキを作成。
天気の良い日は外で食事ができます。
今回道路際と駐車場際にはフェンスは設けず、生け垣を設ける予定です。

mteigaikan1

写真左手アプローチ階段もデッキで作成中です。
海も近くおおらかにしたいねということで。今回はモルタルやタイルなどではなく、
軽快なデッキで作ります。隣には門柱と植え込みスペースがあります。

mteigaikan2

内観はデッキが付くとこのような感じです。
全開放サッシが付くので大きな一体感があります。
南北に風が抜けるよう計画しておりますので、中にいる時は涼しいです。

mteinaikan1

mteinaikan2

今日は事務所の造園をして頂いた、やまなか園さんと二宮M邸のお施主様と一緒に
藤沢の圃場・大和園さんまで植樹の選定に行ってきました。

生垣の検討中。

hozyou1

きれいなもみじともめぐりあえました。

momizi

果樹もたくさんです。
幾つか美味しい実も食べさせて頂きました。

natumikan

yamamomo

プランの時からご提案させて頂くことも多くなってきていますが、
木を植えたり、地表面を植物で覆ってあげると見た目が良いのはもちろんですが、
夏の強い日差しを防ぎつつ、蒸散効果で涼風を得ることができたり、
目隠し、プライバシー確保に用いたりとたくさん得られるものがあります。
もちろん自然素材の家と同じで多少お手入れは必要ですが。

大事なのは何を優先して、どんな暮らしがしたいかでしょうか。

今日と明日(6月24,25日)は座間で見学会を開催させて頂いております。
来週末(7月1日,2日)には二宮で見学会を開催させて頂きます。
ご都合が合えば、ぜひお越しくださいませ。

高宮

2017年06月09日(金)

二宮M邸現場(7月1~2日見学会予定)

こんにちは。
関東も梅雨入りしたそうですね。高宮です。

カラッと晴れた月曜日に二宮M邸の植栽、カーテンの打ち合わせに行ってきました。
現況はこのように内部はほぼ仕上がっています。

mtei1livingblog

リビングと奥まった小上がりコーナーからの眺めです。
FIXの大きな眺める窓に小さな通気窓を合わせています。
リビングの天井高さは2200mm小上がりは天井高さ1800mmと低めなのですが、とても居心地が良いです。
LDKとワンルームに作ることが多いのですが、少し奥にある、こもるような空間は暮らしの幅が広がって良いと思います。
吹抜けのある開放的なダイニングとも対比して気持ちが良いです。
是非体験して下さい。

kittinnkaramirumteiblog

キッチンからダイニング、リビングを見通します。リビングの左手奥が小上がりです。
朝日が気持ちよく入るダイニングです。軒を大きめに出して初夏の強すぎる日差しを調整しています。

mteihallblog

2階ホールからの眺めです。朝起きて、一步部屋から出るとこの景色が飛び込んできます。
こちらは準防火地域ですが、あれこれやりくりをして大開口を実現しました。

mtei9blog

2階寝室より。吹抜け、子室を通して東の緑へ視線が抜けます。

mteiyoru1blog

夜の2階ホールはこんな感じでしっとりとしています。

mteiyoru2blog

夜のリビングはこんな感じで調光照明で雰囲気を調整できます。

延床28坪とコンパクトなのですが、天井の高さや建具、窓、動線を工夫して広がりを持たせています。
とても景色に恵まれて、風通しの良い敷地ですので、なるべく余計なことはせず素直に設計することを心がけました。
一番光あふれるダイニングには全開放サッシとウッドデッキが付く予定なのですが、
外構の工事が終わったらまた紹介させて頂きます。

素晴らしいローケーションの土地で設計させて頂いたお施主様に感謝です。
またご報告しますが、7月1日~2日にお施主様のご厚意で現場見学会をさせて頂く予定です。
どうぞよろしくお願いします。

高宮

2017年05月31日(水)

着工ラッシュです

平塚市大神、松田町、茅ヶ崎市柳島海岸など、着工が続いています。

平塚市大神は家庭菜園をされるというゆったりした敷地です。
内部は真壁と言って、構造材の柱や梁を見せる内装になっています。
建物の高さを極力おさえ、軒を1m出し落ち着いた建物になっています。
高さは低いですが天井を勾配天井にしていますので、低く感じる事はなく、逆に開放感が出ます。
 

 
松田町は母屋を壊して2世帯の住まいへの建て替えです。
道路挟んで反対側は調整区域の為、緑多くのどかな場所です。
極力廊下を作らず、リビングからそれぞれの部屋へ繋がる間取りです。
IMG_4762_640
IMG_4774_640
先日の地鎮祭にて。
 

柳島海岸は借家2棟を建てます。元々も借家が建っていましたが、老朽化の為建て替える事となりました。
賃貸ですが、LDKの天井を勾配にし、天井仕上げを板張りにと、加賀妻工務店らしい仕様に一部なっております。

次回の家づくりセミナーは『加賀妻工務店の設計編』です。
通常設計期間に半年ほど時間を頂いております。何度も何度もお打合せを重ねます。
その土地に、住まわれる方に合う住まいにする為、どのように設計をしているのか…なぜそんなに時間がかかるのか…
理想の住まいにする為のヒントになればと思います。
是非ご参加下さい。

イベントのお知らせ
6月11日(日)オーナーの住まい見学会(大磯町 K邸)
6月18日(日)じっくり派の為の家づくりセミナー「加賀妻工務店の設計編」
6月末 座間市M邸 完成見学会(予定)
7月初 二宮町M邸 完成見学会(予定)

是非ご参加下さい。
代田

2017年05月02日(火)

板張り経年変化

all0502

板張り(軒なし)の経年変化の様子です。
取付からもうすぐ一年。軒もなく南に向いて取り付けているので変化が大きいです。

mutosou0502
「塗装なし」のものはグレーから少し黒っぽくなってきています。※左が新品

kuria0502
「クリアー塗装」のものは少し色あせてきていますが、まだ自然な色味を保っています。

nousyoku0502
「濃色塗装」のものは少しヤケてはきていますが、色味を保っています。

zimusyo
事務所板張りの様子です。庇、軒があり、北に向いているので、軒なしと比べると経年変化が少ないです。

zimusyo2

東側です。庇も付いていますが、良く陽の当たるところは少し色あせてきています。
新築時も大事ですが、5年、10年後、家が良い年のとり方ができればと思っています。
暮らしの中で少しずつ味が出てくるのも、木を使う醍醐味ですね。

 

Mtei0502
Mtei2

二宮の現場は大工工事も大詰め。2階天井の板張りが完成しました。
ぐっと高さを抑えた吹抜前の廊下です。
2階廊下の天井高さは通常よりも低いですが、
そのおかげで吹抜がありつつも、
1階ダイニングの天井高さは高くなりすぎず「ちょうどよく」
1階からも板張りにした2階天井の雰囲気が味わえる構成になっています。
もっと高いと1階からは板張りの雰囲気を感じにくいですね。
足場がとれるのが楽しみです。

高宮

2017年04月26日(水)

木製の玄関戸

家の『顔』となります玄関の建具にもいくつか選択肢があります。

木の家を造っているのでやはり木製のものを使いたいところですが、防火地域などでは難しい場合もあり、アルミ製になる場合もあります。

防火地域の場合は、延焼ラインといって1階は隣地から3mの範囲を防火性能を満たすものを使用しなければならないという規制もあり、この範囲から外れる様に、防火壁といって控え壁を設け、木製のドアを使える様にする事もよくあります。

既製品の木製戸は断熱性・気密性に優れております。

建具屋さんによる製作の場合は断熱性・気密性は既製品よりは劣りますが、雰囲気が良いです。

格子状にするので、屋内へ光が入り明るさが取れます。

木は反りやすいので設計の際、庇を大きく出したり、外壁面より引っ込ませ、陽射しや雨を直接当たりにくくしたりと、工夫しています。

縦格子

RIMG27846_480RIMG31121_640

横格子

DSC02217_640DSC02285_640

井桁格子

IMG_0503_480DSCN6677_640

代田

2017年03月20日(月)

地元びいき。

今季のチルチンびとはもう手に取りましたでしょうか?
なんと「金沢」特集がされています。

tirutinkanazawa

北陸新幹線が開通し、人気沸騰中の金沢。
本誌を読んで頂くと、また違った楽しみがあるかもしれません。
今度は金沢だけでなく、ぜひ「能登」も取り上げて頂きたいです。

先日、友人の結婚式の際に立ち寄った夜の金沢城公園。
ライトアップが控えめで良い感じです。
真っ暗な手前はお城と川を挟んだ車道です。ギラギラしていなくて良いですね。

kanazawa1

家の照明でも、もちろん必要な機能は満たしつつ、
落ち着いた、やすらぐ雰囲気を心がけていきたいものです。

ふとした時に、学ぶことがたくさんあります。日々勉強ですね。

高宮

2017年02月25日(土)

赤松町の現場

赤松町の現場、祝・お引渡ししました。

同じ敷地内に2棟建てるという事で、1棟目の設計で1年以上、

1棟目の工事と並行し2棟目の設計打ち合わせ。

1棟目が竣工しお引渡しの後、2棟目が着工と・・・

計画がスタートしてから約4年弱。とても長いお付き合いでありました。

これから住まわれてからは、もっと長いお付き合いになります。よろしくお願いいたします。

IMG_4260_640IMG_4274_640IMG_4284_640

代田